齊藤舞歌のフルート日記♪
舞歌のフルート日記へようこそ

カラスの命は重さが違うの? 2015年06月30日(火) 

今日は帰阪後初レッスン♪

その時もちょっと暗くて
「先生どうしたん?」と聞かれたけど・・・。

皆様、カラスの命は人間より軽いと思いますか?



私、昨日まで北海道で野生動物リハビリテーターの
講習と試験を受けに行ってたんですけど、
帰阪する日の朝、ホテル近くの公園を散歩してたら、
一羽のカラスさんと出会ったんですね。

まだ巣立ちしたばかりと思われる若い仔ガラス。

なんとも優しい顔立ちをしてて、
まだ人間が怖いと思ってない目をしてます。

私が歩いてたらバンバンと何か蹴るような音がして、
この扉の下から転がるように出てきました。

一瞬「蹴飛ばされて出てきた?」と思いましたが
扉があるからよくわからない。
人の気配はしたのですが、
カラスを蹴ったのか、それとも扉を蹴ったのかは
音しか聞こえなくてわからないけど、
あきらかに追い出そうとしてる雰囲気でした。

で、気になってしまって、その場にいると
追いかけてきたのかおじさんが
別の扉からこちらに小走りに来て、
でも、私がカラスをじっと見てるので
また中に入っていきました。

行った後、「大丈夫?気をつけなあかんで」と
声かけて近づいて話してたんだけど、
なんか調子が悪そうで・・・。

しばらくその場に居たんだけど、
講習受けたばかりだし、
基本はダンボールとタオル、軍手
・・・でも、そんなもの持ち歩いてる人まずいないって・・・。

大体こういうものはそんな風にはできない。

そして、保護した後は病院に行くとしても、
その後どうする???

私は今日北海道から帰らなきゃいけないし、
大阪に連れ帰ることができるのか?
移動は可能なのか?入院できたとして
カラスさんの場合、野生に返すのに
またいろいろ言う人はいるし、
この子は体調は悪そうだけど、
巣立ち雛だし、そこに手を出すべきか?

なんかいろいろ考えてしまい、
とりあえず、おじさんももう追いかけてこないみたいなので
公園を一周して戻ってきてまたいたら
事務局さんに相談して指示を仰ごうと
公園をぐるっと回ることに。。。

元気だったらその間に親鳥が迎えにくるかもだし、
飛んで行ってるかもだし・・・。

で、30分後(実は公園で迷ってしまい思ったより時間がかかった)
戻ってみるとまだ同じとこでうずくまってる。

状態を獣医さんに伝えられるよう写真を撮るんだけど、
この具合悪そうな写真のすぐ後で
横に倒れて痙攣を始めてしまいました。

これは絶対まずい!!
急いで助けを呼んでくるから待っててねとホテルは走り出した私。
よりによってこの一大事に携帯も持ってなければ、
タオルも軍手もビニール一枚無い。

慌ててホテルに戻り、事務局へ電話して
北海道の病院を教えていただき、
走って急いで戻ってみると、
カラスさんはそこにいなくて、
道の向こう側に投げ捨てられたかのように倒れてました。

あまりのショックに声が出なくて、
出るのは涙ばかり。。。

あの状態でここまで来れると思わない。
きっとあのおじさんが蹴飛ばしたか
放り投げたんじゃないか?

人を疑ってはいけないし、
見てないんだし、何があったかなんて
そもそもわからないんだけど、
この倒れ方はおかしい。

見つけたとき、すぐに保護してたら助かってた?

それともお腹をこわしてたっぽいから
もう限界だった?

どちらにしてもやはり、その場で出来ることを
しなかった自分に腹立しい。

習ったことは習った。
でも、それじゃ間に合わない。
だけど、伝染病、自然界のことも含め、
冷静に総合判断する力も必要だ。

それでも、助けられなかったら
いくら知識があっても意味がない・・・。

公園の鳩も鴨も他の野鳥達も
こんなに人に愛されてるのに、
どうしてカラスだけ???

人は何故カラスを悪者にするの?

ゴミを散らかす?
ゴミの出し方が悪い人間が悪いと私は思う。
カラスは生きていくために食べるものが必要で、
あの大きさなのだから、効率よく食べれるとこにくる。
当たり前のこと。
あの子達は頭がいい。
だからいじめる人のことは覚えていて
仕返しをすることもある。
でも、そもそもいじめられなければ
仕返しすることもないし、
子育てで気が荒くなってる巣に近づくことさえなければ
人と共存することは十分可能だと私は思う。

見るだけで嫌な人もいるだろうけど、
カラスが何をしたの?
殺されなきゃいけないほどの何を
このあどけない目をした子ガラスがしたというのでしょう?

人間はひどい。
人間の方がよっぽどひどいことを
カラスたちに沢山してきてるよ。

「野鳥に餌をあげないで」って書いてる看板の横で
平気で鳩や鴨には餌をやるのに
近づくカラスに「おまえは来るな!!」
どうしてそんなことが言えるのでしょう?

黒いだけで悪い鳥ではないし、
九官鳥と同じくらい頭が良くて
教えたらおしゃべりもできる。

私が中学の時、通学路でカラスを保護してるとこがあって、
そこのカラスは「おはよう」とか
おしゃべりをたくさんしてくれた。

もちろん、カラスだから、時々スズメを捕まえては
放り投げて遊ぶということもあったけど、
それは彼らの習性だし、野生の中での
食物連鎖で、私達だって人のことは言えない。

食べないとどんな生き物だって死ぬ。

食べることは悪ではないと思う。

食べないのに殺すことが悪だと思う。

嫌いだから殺していいの???

通りかかったおばさんから聞いた話では
この子はここに一週間前からいたらしい。
おばさんもずっと気になってたって。
でも、私はもう出勤しなきゃいけないからって。

え?一週間あったんだよね?

・・・もし、これが天然記念物とか
珍しい鳥とか、そうでなくても
かわいらしい鳥、例えば仔鴨だったら
ほとんどの人が保護または
保護できる行政に連絡してるはず。。。

この仔がカラスだったから・・・。

カラスだったからみんながほっておいて、ずっと続いてた雨の中、雨を避けられるとこを
ずっと探してここに来て、やっと雨をしのげる場所で
寒さに凍えながら過ごしてたとこを
ほうりだされて(多分蹴飛ばされて?)
内臓を痛めた?のではないか?
そんな風に考えるとやっぱり
見つけてすぐ動くべきだったと。

最終的に助けれなくてもできることをしないと悔いが残る。

私はカラスを悪者と思ってないこの公園で
唯一のこの仔の助けになれるかもしれない人間だったのに。

結局は迷いとためらいがとどめをさしたよね。

この仔は助けてもらえると思って
私のことじーっと見てたし、
でも少しあきらめの色も見えて、
一週間どんな思いで過ごしてきたんだろうと思うと、
申し訳なさ過ぎる・・・。

だけど、ここは北海道で、病院がどこにあるかもわからなくて、
電話をかけても、「カラスは・・・」と
少し難しいことを告げられて・・・。

わかってるけど、わかってるけど、
じゃ、カラスじゃなかったら助けられたの???

おかしな話です。

同じ黒い鳥でもツバメは愛されるし
ペンギンなんか大人気!

いっそカラスもヨーロッパのカラス達のように
白黒の二色配置になれば
そしてナイチンゲールのように
美しい声でさえずってしまえばいいのに。
きっと突然人は対応が変わると思う。

なんか・・・おかしい。

ヨーロッパの人はカラスをいじめたりしないよ。

そりゃ一部にはそんな人もいるかもだけどさ。

日本人結構な割合でカラス嫌い過ぎ。
昔は友達のようにしてた鳩にまで
マンションに糞落とすし巣を作るから嫌いって?

つまりは自分に害をなすものが嫌いなだけよね?

あー、人間ってつまらない生き物だ。

口では命は重いって言ってて、
助けられる命は助け大切にしましょうって言ってて、
結局、自分が一番可愛くて・・・。

私もそうだよね・・・。
蚊を叩く時にやはりそう思う。
ゴキブリを殺す時も。
人は害になるものを排除しようとする。

それは認めたくなくても
自分の中にある本質なんだと。

だけど、やっぱり言いたい。
この仔ガラスはなにもしてないと。

この後、公園の交番に事情を説明して
公園の事務局に伝えてもらったけど、
交番の人は「あー、はいはい、カラスね、
僕忙しいんで。わかりました」だし、
私の中では、弱い生き物を虐待する人は
いずれ人にもすると思う。
カラスだからとかそんな問題じゃないと思う。
これが矢カラスだったらよかったのか?
ピストルで撃たれてたら問題になってたのか?
交番のお巡りさんの態度も腹立つし、
そんなものなのか?と思ってしまう。

あまりにいろんな気持ちが混じりすぎて、
結局この日記は11月になって落ち着いてから追記しました。
それでも、だいぶ腹立ってるし
いまでもありありと思い出すんだけど・・・。

しかし、よりによってリハビリテーターの講習受けたのに
その最終日にこんな出会いがあるとは、
最終試験を突きつけられたかのようでした。

結局いくら学んでも、助けられないことを
思い知ります。

私が獣医さんを目指したところで、
問題は解決しないし、
ほんとどうしたらこういう悲しい思いを
する仔がいなくなるだろう?

自分の考え方を変えるべきなのか?
でも、間違ってないと思う自分もいて
やはり悶々としてしまいます。

北海道に行って答えが見つかるかと思ったけど、
余計迷路に入ってしまいました。

どうやったら、抜け出せるのでしょう?

どうやったらみんなが幸せに過ごせるのでしょう?

カラスのことも思いやれるような
そんな世界が訪れることを願ってます。

せめてこの日記を読んだ方は
この仔が生きていたことを覚えててください。

そして、カラスを見たとき、嫌と思わず、
少し違う心でカラスを見て下さい。

そんな心が少しずつ世界を変えるのだと
私は思うのです。

この仔が生きた意味はあったのだと思いたいのです。

ただ、気をつけて欲しいのは
巣立ち雛=保護すべき命ではないこと。
巣立ち雛は基本的に手を出すべきではないです。
野生に戻れなくなるので。
人が手を出していい範囲というものがあるのも事実です。
ましてやカラスは通常は親鳥が見守ってるので
助けようとすると親鳥に襲われることがあります。

カラスの嘴はするどく、手なんか簡単に貫通します。

ですので、見つけても捕まえようとせず、
まずは観察してどんな状態であるかを
判断していかなくてはなりません。

それが一般の方には難しく、
「巣立ち雛を拾わないで」というポスターの一文になるわけです。

そして、保護したら野生に戻すまで責任を持つということ。
病院に連れて行って終わりではないのです。
野生動物の治療費は個人の所有物でないため、
獣医さんがかぶらざるをえないことがあります。

でも、もしみんなが巣立ち雛を獣医さんのとこへ持っていったら
獣医さんはあっという間に破産です。

命はタダでは救えないのも現実です。

保険が利かない動物達は高額の医療費がかかり、
入院となると莫大です。

その必要がない雛鳥は、そもそも保護の必要がありません。

可愛いだけで雛鳥を拉致しては、
結局その仔の生涯を拘束するだけです。
野生に戻すのは思ってるよりとてもとても難しいことです。

本当に必要な仔に必要な手を必要なだけのべて、
その手がいらなくなったときには
手放せる、野生に帰せるだけの
心の準備が出来てないとダメです。

その自信が無いなら安易に手を出すと
お金の面でも、心の面でもあなたが辛くなります。

じゃあどうしたらいいのよ?って思いますよね。

実は私も答えは出てないです。

だって助けたい命は助けなければいけない命と
イコールとは限らないからです。

その判断を人間がしていいのか?という
問いかけもあります。

でも、それでも、「助けたい」と思う気持ちは
何よりも人間の深い部分で捨ててはダメだと思います。

なので、おかしいと思ったら
伝染病の問題もあるので
まずは触れずに距離を取り
観察してメモを取る。
時間や症状(例えば羽をふくらませてるとか
怪我をしてるとか)、写真があると尚良い。

その上で必要とあれば獣医さんと連絡を取りつつ
必要な処置をしていく。

保護するならダンボールがいるし、
鳥は体温が高いから保温も必要。
水や餌は後回しでいいです。

とにかく野生動物は本来触れられることが
ものすごくストレスであることを忘れず、
直接触れない、覗き込まないを死守。
覗くと突かれることもあり、目が危ないです。

軍手をしてタオルでくるっとつつんで
ダンボールに入れて病院へ運ぶのが良いと思います。

もちろん、最後まで責任を持つという覚悟が決まり、
獣医さんの指示が出た場合のみです。

野鳥を診てくださる獣医さん、
また獣医さんにも専門があるので
鳥を見ることが得意な獣医さんを
日頃から調べておくことも大切です。

犬猫はまずどこでも大丈夫ですが、
野鳥は持ち込みをNGとしてる病院もあります。

その上で費用は必ず自分で持って下さい。
獣医さんは動物が好きで助けたいと思って
獣医さんになってますからどんな動物も助けたいです。

でも、薬や治療にはお金はかかるのです。
人よりもかかるのです。
獣医さんにも生活があるので
それを目の前で死ぬのを見てられない位の
自分のことしか考えてない浅い考えだけで
病院に連れ込むことは止めてあげて下さい。

本当に必要な命を一つでも多く救うためには
みんなでその気持ちを分け合って支えあうことだと思います。

基金みたいなものがあるとこはいいですが、
個人経営の獣医さんも多いですから、
基本は助けたいと思ったら
いろんな意味で最後まで責任を持つ
これが全てにおいて解決への道だと。

獣医さんとこにはこうやって持ち込まれる
動物達が野生に帰れずずっといることになったりもします。

そうなるともちろん獣医さんたちが
その負担をおってるわけで・・・。

せっかくの獣医さんの想いが
獣医さんの首を絞める事態になったり・・・。

「ヒナを拾わないで」というポスターは
いろんな意味でわかりやすいのですが、
背景ももっと知ってもらって
「ヒナを助けないで」って意味じゃないと
知ってもらいたい気持ちもあります。

ただ、違いがやっぱり一般的には難しいのかな。。。

なので、どんなに言っても助けてしまう人は
助けてしまうだろうし、その気持ちもわかるから、
助けたいなら勉強して保護するための最低の知識を得て、
自分の責任を持って最後まで、
野生に帰すことを目的にやって欲しいと思うわけです。

鳥は鳥かごに閉じ込めることが
本当は一番不幸だと私は思います。

うちのマッチャも羽根を折って飛べないから
獣医さんとこに一年いて、やっぱり野生に戻れないから
うちで生涯過ごす事になったけど、
本当はね、きっと空を自由に飛びたいだろうし、
恋だってしたいだろうし、
もし自由に生きることで短命になったとしても
本当の意味で生きたいと願うと思うよ。

なので本来は手を出すべき世界ではないことを踏まえ、
理解して知識を得た上で、
手伝えることがあればしていく
そういうことではないかなと。

よくわからないとか、難しいとか思う方は
まず「野生傷病動物保護ボランティア」というものがあることを
まず知ってみてはいかがでしょう?

野生に帰すことを目的としたシステムで
一般の方が獣医さんと連携しつつ
保護された傷病動物をお世話するものです。

もちろん傷病ですからマッチャのように
骨折して骨が曲がった子や片目の子もいます。

そんな子を預かって獣医さんの指導の下
野生に帰すお手伝いをするのです。

もちろん病院代等はご自身の負担となります。
ボランティアですから。

そのお世話の中でいろいろと学ばれると
保護についての知識も学べると思います。

私もそこからいろいろ入って学んでいます。

なかなか何が正しいか判断するのは難しいですが。

それでも、何もしないよりは
何かがわかって答えに近づけると思うのです。

カンボジアの問題もドイツの子ども達の問題も、
日本の難病と闘う子ども達の問題も、
私の中では全て同じ位大切で
一生かけて考えて取り組みたい問題です。

みんなきっと気持ちは一緒だと思います。

少しでも、何かが変われば世界が変わる。
今すぐじゃなくても近い将来必ず変える!!

一人一人は小さくてもまとまれば
大きな力になるはず。

そう思って止まない今日この頃なのでした。

最後まで読んでくださった方、
長文お疲れ様でしたm(__)m
読んでいただいて本当に
ありがとうございました!!











公園の鳩さんは可愛がられてるし
鴨さん達も人からご飯をもらって幸せそう。でも・・・カラスは・・・?
公園で偶然出会ったカラスさん。
工事現場横の扉の前でうずくまってます。
まだ小さい仔ガラスのようです。





なんかかなり調子悪そうで心配です。
目の前で倒れてしまいました
痙攣をはじめたので急いでホテルに帰って連絡を取り・・・
急いで戻ってみると、投げ捨てられたかのように息絶え、横たわってました・・・
場所はまさにこの現在地の左よこです。

丸山動物園さんに行ってきました♪ 2015年06月29日(月) 

昨日が試験だったため、
帰りの飛行機を今日の遅い便にして、
丸山動物園さんに行ってきました♪

北海道と言えば旭山動物園さんも有名ですが、
旭山さんには以前伺ったことがあるので
今回は時間もあまり無いので札幌市内で

丸山さんに行く前に実は少し事件があったのですが、
それはまた明日の日記にでもまとめて書きます。

ちょっと自分でも悶々しちゃって時間をおきたい。

ま、そんな訳で今日は丸山さんをご紹介

動物園さんも旭山さんが良いきっかけ作りとなって
(ひょっとしたらその前からいろいろ動きはあったかもですが)
今ではどこも生体を生かした展示が工夫されてて
どこに行っても本当に楽しいです

動物達が幸せそうだと私も嬉しい

爆睡してるシナガチョウさんは
横を歩こうが止ろうが撮影しようが
タッチしようがひたすら爆睡
この状態で船こいでて
なんとも可愛すぎます〜

目の前を横切っていく羊さんもおっとりしてて
写真もタッチもどうぞ〜と言わんばかり。

ふれあい動物園コーナーとはいえ、
こんなに触られるのや近づくことが
嬉しそうにしてくれるのはこちらも嬉しい

人間が好きで信頼を寄せてくれてる証拠ですね

猛獣とはさすがに触れ合えませんが
でも、展示方法が良くてどの動物達も
生き生きとして見えます

ホッキョクグマのお母さんは
少し心配そうにウロウロしてたけど、
コグマの方は好奇心旺盛で
チョコマカチョコマカ動いてて
も〜!!!可愛いったら

他にも写真が10枚までしかアップできないから
もどかしいんだけど、すっごくいい写真、
特に爬虫類館で撮れました

また別日の日記でご紹介しますね

それにしても北海道、何を食べても美味しい

大阪も美味しいものいっぱいあるけど、
北海道は別格ですね〜

自然も豊かで他にも見たいとこいっぱい!!

またいつか今度は遊びでゆっくりと
北海道を満喫しに来たいなぁ〜





今朝の朝ご飯♪このポテト、めっちゃおいしー!!
丸山動物園さんに行ってきました(^^♪
眠るシナガチョウ♪
至近距離の羊!触らせてもらえました(^^♪
ホッキョクグマの子どもとお母さん(^^♪かわいい〜!!





こんなとこ歩いてます♪
こちらも近くで息遣いを感じます(^^♪
トラさんもめっちゃ近い!!
場外市場で海鮮丼を食べてきました♪
帰りの空。向こうに見えるのは羊蹄山かしら?

講習&試験終了!! 2015年06月28日(日) 

北海道3日目の朝がやってきました

今日の講義は実習がメインです。

そして午後からは認定試験があります

いっぱい覚えることがあって、
歩く先からボロボロ落ちていく私は超不安

今朝は大麻から歩いて大学に行ってみました

やっぱり歩くの大好きです

ただ、昨日もビックリしたけど、
ちょっと横の草むら入ると
そこは途端に虫達の楽園なので、
うっかり足を踏み入れたら
大変なことになります

昨日も今日も大自然の洗礼を受けました
これはまた後日。。。

今日は酪農学園は学園祭のようで
昨日の気球もその一環だったようです。
今日の午後からは乳搾り体験もあるらしい。。。

うーーーん、試験よりもそっちが気になる
試験終ってすぐ急いでいったら間に合うかしら?
一応時間をチェック
ちょっと厳しいけどね。。。

さて、今日の午前は実習です

二手に分かれての実習となります。
私はまずS先生の実習から。

S先生のとこのDちゃんがみんなのパートナーをしてくれました。

Dちゃん、めっちゃ可愛い

実際に生体で補液をさせていただけると思ってなくて
Dちゃんには本当に感謝です

食道と気管は手で触るとはっきりわかり、安心してカテーテルを使っての補液ができました。

今まで自分がしてた(と思ってた?)
水分補給は全然足りなかったと反省

でも、専門の器具がないとなかなか難しい。

だからやっぱり保護した時は
ドクターとの連携が大切ですよね。

S先生も必要な時はシリンジとか送ってあげるよと。

鳥のサイズによって違うし
個人では揃えられないですし
基本は獣医さんの指導の下ですから。

S先生の実習後はクラス入れ替わりになり
A先生の実習。

遺体を使用してノギスでの各部位を測ったり、
そのデータを集めることによっての
野生動物の保護のあり方等を学びました。

午後の試験では、二日間に渡った内容について
どれだけ理解を深めたかが問われる訳ですが、
これがなかなかどうして、簡単な穴埋めとかでは全然なくて、
ちょっと大学での論文を思い出しました

いい問題の出し方ですね

結果は二ヵ月後までわかりませんが、
とりあえず、今の自分の精一杯頑張ってきました

「初期手当て」、「雛鳥の保護」から始まり、
基本の考え方や知識、また「助けない」という
選択や、助ける際の責任の重さ、
細菌の進化や新種についてや
海外での保護活動について、
日本での保護のあり方について、
そしてオジロワシの鉛中毒や
エゾジカと狼の関係、
アライグマ等の外来種について等、
講義と実習を交えて学んだことは
パンクしそうな位いっぱい!!

試験は終ったけど、これからまた時間をかけて
消化して吸収していきたいです。

ほんと、もう少し若かったら
獣医さんを目指したかった位ですが、
やっぱり一番やりたいことは音楽なので、時間もお金もないですから、
可能な範囲でこれからも勉強を続けて
一つでも助けられる命は助けてあげたいです。

特に何故か鳥さんとはとても縁があるので

試験後は実際に捕獲されたアライグマも
見せていただきました。

可愛そうですがこれから薬殺されます。
そして、今後の為に剥製にされます。

命を一つでも助けたいと思う気持ちと
外来種から命を守るという気持ちは
とても相反していて複雑です。

それでも人はどちらかを選択しなくてはならず・・・。

でも、それを人が選択するってのも
本当はなんとも傲慢な話ですよね

そもそも外来種だって人が持ち込まなければ
こんなことにはなってない訳で・・・。

鉛中毒だって人がきちんとその後どうなるかを考えて
鉛の玉を使うのを止めるか
銃殺した鹿を正しく処理していれば
その鹿を食べたオジロワシか
鉛中毒になるなんてことはない訳で・・・。

先生方も仰ってたけど、全て助けることはできないけど
それでも、人の手によって追い詰められた命を
一つでも多く救いたいとやっぱり思ってしまう。

いろいろ難しい問題を含んでるけどね・・・。

最後までいろいろ考えさせられた
内容の濃い二日間の講習でした。

北海道まできて本当によかったです。

こういう講習、大阪でも一部やってるらしいんだけど、
どうも一年間かけて通わなくてはならないようで
私の場合、仕事がそれだけ空けられるかがとても難しい。

神奈川のは神奈川県民だけらしいし、
他にないか調べたら北海道で見つけたので
今回参加を決めたわけですが、
北海道ならではのこともたくさん学べたので
本当に来てよかったです

帰りはなんとか乳搾り体験の時間に間に合い、
体験は申し込みしてなかったのと
定員オーバーでできなかったけど、
見学させていただきました

すごいね〜、牛さん賢い!!
一列で自分から搾乳機に入っていく姿に感動

私達の飲む牛乳はこうやって
作られて運ばれるのね

改めてすごいことだなぁ〜と感謝

帰阪を今日は試験があるから
明日にしておいたので、
ゆっくりと大学を回り、
札幌に戻って北大行って、
近くのスープカレーを食べに行きました
北海道でスープカレー食べるのは初めてですが
すっごく美味しかったです

しかし、北海道は素材いいからか、
何を食べても美味しいですね〜

帰りは時計台や大通り公園、テレビ塔等の観光地?を
見ながらホテルまで歩いて帰って来ました

終ってみるとあっという間!!
必死すぎて時間を感じなかったともいうけど、
興味あることばかりですごく面白かったです

大阪でも生かせるようにもっと勉強しなくっちゃね

なんにしても「知る」というのは大切なことだと思いました

明日はフライトまで少し時間があるので
ちょっと丸山動物園まで行ってこようと思います

旭山は以前コンヴェンションで来た時に
行ったから、今回は初の丸山動物園

動物園も少しずつ動物達にとって
過ごしやすく変化してきていて
なんでも考え方次第だなぁって思います。
あ、ちなみに私の最初の将来の夢は
「動物園の園長さん」だったんですよ

その次が時代劇のお化け専門の女優さん(笑)
多分専門ってのはないんでしょうけど、
幽霊役をする女優さんはみんなとても美しくて
子供心に吸い込まれるような儚くも
芯の強い美しさに惹きつけられてました。
どっちも変わってると言われ、
結局卒業文集には回りに習え右して
「保母さん」なんて書いた記憶がありますが、
実は保母さんになりたいと思ったことは
一度もないんだなぁ〜

なんで正直に書かなかったんだろう?と
今となっては思います

そして、今はこれがやりたかったこと
っていうことが出来ていて幸せ

大好きな音楽をいろいろあって大変だけど、
とりあえずは続けて来れたし、今は出来てるし、
その中で朗読したり演技させていただくこともあり、
かつ、花鳥園さんみたいに動物と触れ合える場所で
音楽を奏でることもできて、こうして勉強もできて。

やりたいことができているってのは
本当にありがたく幸せだと思います

当たり前ってないよね。
できることに感謝しながら生きていきたいね

去年、カンボジアに行った時に特に思いました。

旅行も簡単には出来ない国がある。

私達はもっと知らなくちゃです。

「知る」ということが「救い」に繋がるのでは
そう思ったりします。

私の中での「救う」方法は
まだまだ模索ですけどね。

これからも探し続けていきたいと思います








今朝の朝ご飯♪コーンもミルクも美味しい☆彡
今朝はオカリナ吹いてきました♪
今朝の牛さん達♪
今日お世話になるのはS先生のとこのDちゃん♪
食道と気管を触って確認して・・・





補液して抜きます
ノギスを使って各部の採寸をします
8の字保定の実習中
捕まえられたアライグマ。
今夜はスープカレーを食べに行きました(^^♪

講習一日目♪ 2015年06月27日(土) 

さて、いよいよ今日から二日間、
リハビリテーターの講習&試験がスタートです

ホテルから大学までは電車と車での移動となります。

地理感がないので最寄り駅までスタッフの方が
お迎えにきてくださることになってたんだけど、
早め行動の私は一時間以上前に最寄り駅に着いたのでお散歩兼ねて大学まで歩いてみました

緑豊かでほんとに気持ちいいです

そして、大学まで15分位でした

明日は歩いて来れるな

お散歩を早めに切り上げて
駅に戻って待ってると同じように待ってる人が

私と同じように講習を受けるために
神奈川から来られてましたよ

神奈川、なんか嬉しいです

講習は結構内容が濃くて、
メモするだけで腱鞘炎になりそう・・・

このために買ったノートが既に
3/1まで文字でビッシリとなりました

ちょっと・・・私、明日までに覚えられるかな???

不安はいっぱいだけど、先生方のお話は
多岐に渡って、世界が舞台で本当に面白い!!

いろいろと考えさせられる内容でした

お昼休みもみんなおにぎり片手に
夢中で先生のお話を聞いてました

S先生、K先生の講義、そして実習を終えて、
夜は先生方や皆さんと親睦会

今回の講義を受けてるのは
酪農大学の学生さんだったり、
地元や京都の獣医さんだったり
WWFの方だったり・・・と専門知識を
沢山持ってらっしゃる方が多くて、
飲み会とは思えない専門的な会話が
飛び交っています

なんだかすごいなぁ・・・
ヒグマや狼についてなんて、
私はさっばりわかりません・・・

明日の試験、私、大丈夫だろうか???

ホテルに戻ってひたすら今日の復習と
明日の予習。。。

明日は生体や遺体を使っての実習があります。

試験もだけど、こちらもドキドキ。。。

緊張するわ〜







今朝の朝ご飯♪どれもとても美味しいです〜(^^♪
ホテルに置いてる雑誌がまたドストライク!!
これは綿毛?ドイツで花粉って言われたのに似てるけど・・・?
白樺に囲まれて朝の一吹き〜♪
あっちでは気球の準備してます♪





酪農学園大学内での講習&試験となります
もちろん牛さんいます(^^♪
お昼休みも講義が続きます(^^♪手前は頂いたお土産♪
夜は先生方や皆さんとの親睦会☆彡
ホテルに帰ってからは明日に備えてひたすら勉強・・・覚えることも資料いっぱい(^^ゞ

いざ、北海道へ!! 2015年06月26日(金) 

午前は仕事をして午後からは雨の中、
伊丹から北海道に向けて出発しました

あんなに降ってたのに雲の上は青空で不思議な感じ

今回のホテルも飛行機も全てネットで予約してみました

比較的リーズナブルだったと思います

今回は講習だけでなく試験もあるので
それに間に合うようにLCCは避けました。
一度LCCにも乗ってはみたいんですけどね、
飛ばないということもあると聞いて・・・

新千歳からエアポートに乗って札幌へ。
ホテルにチェックインして晩御飯〜

札幌はコンヴェンション以来です

やっぱりまずはらーめん?

ということでベタですが、
ラーメン横丁目指してテクテク。。。

なにやらデモをやっててすごい人・・・。
警察官とテレビ局も来ててごった返してます

道は混んでるけど、お店はまだ早い時間で
どこも空いてます。
今夜は元祖ラーメン横丁に行きました

行きに見つけた美味しそうな肉まんを帰りにゲット

ホテル向かいのコンビニでお茶を買って
・・・となかなか立地的にもいい感じです

しかも、このホテルのアメニティ、
私の好きなシリーズです

なかなかの快適さ
今夜はゆっくり休んで、明日からはいよいよ講習です。
明日、明後日と講習を受けて、
明後日に試験があります

どんなことが出るのかな〜?
ちょっとドキドキ。。。

頑張ってきますね〜





大雨の伊丹から飛んだけど雲の上はやっぱり晴れ☆彡
今回のホテルです〜(^^♪
ここで肉まんゲット☆彡
元祖・ラーメン横丁に行ってみました
今夜の晩御飯はらーめん(^^♪





なんかデモの中継やってて交差点はすごい人・・・
もう一つのらーめん横丁。明日行ってみようかな?
鯉放流地区・鴨々川の夜景☆彡
変わったレストラン☆彡
あー!!このシリーズ好き☆彡

祝・Kさんご夫妻ご来日☆彡 2015年06月25日(木) 

Kさんご夫妻の来日をお祝いするコンサートのため
Nで京都に演奏に行って参りました♪

演奏はワインとともにお楽しみいただくスタイルで
私達もどうぞワインをお楽しみ下さいと

嬉しい〜でも・・・酔ってる場合じゃない

しかも、今日は何故か会場に誰もが知ってる
超有名なピアニストさんご夫妻もおられます

うわおっ
嬉しいけどドキドキも半端ないね

そんな訳で控えめに過ごしてましたが、
戻ってくるとテーブルからお料理が
落ちそうなくらいいっぱい溜まってました

で、バイキングのようになったお皿がこちらです

演奏後少しずつですがワインをテイスティングして
お料理とあわせてみるけど、
どれも本当に美味しいです

でも、残念ながらデザートワインまでいけませんでした

久々にKさんご夫妻にもお会いできて
なんとも充実の一夜でありました〜





今夜はワイングラスがたくさん並んでいますよ☆彡
あ、コブレンツ☆彡
グラス越しのオードブル☆彡
スモークされててとっても美味しい(^^♪
独特の香りがあります





どれもワインにとてもあいます
あんまり飲めないのがほんと残念(:_;)
演奏後、お皿はえらいことに・・・(^^ゞ
デザートを・・・
フランス風?にしてみました(^^♪

蕾みぃつけた☆彡 2015年06月24日(水) 

レッスン終えて今夜はオカリナとのこぎりの本番♪

最近オカリナの本番も続いてるね

今日はこの二つを使用しましたよん♪

帰ってくると、クリスマスローズちゃん
いつの間にか蕾つけてました

この前のお花もまだ綺麗に咲いてます
ドライフラワーにしようと思ってるんだけど
うまくいくかな〜???



あ、蕾がついてます☆彡
今日の本番はこの子と・・・
もちろんこの子も♪

ルーブル美術館展に行ってきました♪ 2015年06月23日(火) 

お仕事後、先日コンサートに来てくれた
Nさんと一緒にランチしてきました

ここのランチ美味しいですよ〜

そして、午後はOママに譲っていただいた
「ルーブル美術館展」を観に京都へ

お天気もよくて河原町から
ゆっくりと歩いて行って来ました

話題のフェルメールはすごい人

人に酔いながら観てましたが、
コナン君のガイドで楽しみながら
くるくる回ってました

ガイドは二つあって選べたんだけどね、
ついつい面白そうな方チョイスしちゃいました

なかなか視点が独特で面白かったです

さー、帰って練習だ〜





本日のランチ♪美味しそうでしょ?
プチデザート付☆彡
午後からは美術館へ♪
ここの眺めも綺麗でしょ〜
京都美術館へやってきました♪





今日はルーブル展を観ます
お目当てはこちらです
実にフェルメールですね(^^♪
ガイドはコナン君(^^♪
まだ綺麗に咲いてます(^^♪

母も大満足〜♪ 2015年06月22日(月) 

先日のコンサートを母に聴いてもらったところ、
一緒に歌ったりリズム取ったりとすっごく楽しそう〜

やっぱり普段なかなか演歌とかしないしね

幅広いジャンルって面白いんでしょうね

ちなみに来てくれた方はオカリナの
「北の国から」に感動したって

へーーーー

あれ、前の日の晩のGPで
楽器から編成から調まで全部変えて
イチから作り直した分です

作り変えたことによってオカリナらしさが出たので
それがよかったのかな?

ちなみに私は自分の持ってるオカリナの中で
あの子が一番好きな音色です

先日のコンサートを聴いてもらいました♪

お願い事は「長生き」って☆彡 2015年06月21日(日) 

今日は宇治へ管楽器トレーナー

少し早めに行ってたま木亭に並んできました

ここのバターパン大好きなの

パンをゲットしてそのまま練習場へ

午後からは母の施設へ

母の夏服を4着注文

隣のAさんが
「今日は日曜だけど来なかった」と
さみしそうにポツリと言うので
「私がいるよ」と言ってみたら笑ってた

みんないろんな思いを抱えてると思うけど
少しでも笑って元気に過ごして欲しいな

七夕のお願い事を何にする?って母と話してたら
しばらーーーくして、「長生き」って

浮かばないかな?って思ってて
「おいしものたくさん食べれるようににしとく?」
って言ってた私がちょい恥ずかしい

でも、「長生き」したいって思ってくれてて
本当に嬉しい

元気で長生きして楽しく笑って過ごそうね
あと、美味しいものもいっぱい食べましょう

帰りは大雨でビショビショになっちゃいました
美女だけに〜 (さぶっ





たま木亭並んできましたよん♪
いや〜ん!!みぃつけた☆彡
可愛い〜!!!!!!!!!!!
あ、こっち見た〜(^^♪
バターパン大好き(^o^)/
Copyright (C) 2002 ATOnline. All Rights Reserved