齊藤舞歌のフルート日記
舞歌のフルート日記へようこそ♪

親亀こけたら・・・? 2008年12月10日(水) 

日本に帰ってからも、ほとんど寝れない日々が続いてて、
なかなか限界を感じる舞歌さんですが、
今朝、ついに同僚がダウンしてしまいました。

インフルエンザだそうです
お母さんがかかって、子どもさんに移ったらしく、
二人ともコホコホしてて、今日はどちらもお仕事無理って

で、私が代わりに入ることになり、お仕事量倍増☆の+お昼抜き
ただでさえ、時間の無いレッスンの合間に、連絡とって、楽譜を書いてと、
なんかえらいことになってます

でもね、まぁ、助け合えるうちは、こうして、お互い支えながら
やってけばなんとかなるものよね

M顧問から言われた宿題も、実はまだ片付いてないけど、
とりあえずは、明日の本番の準備・・・と、
夜からは、もっぱら、明日の準備に時間をかけ、
気がつくと、今って、もう、日付変更線をまたいで、なんと朝の三時半

こういう場合、この日記って、どっちに属すんだろう?と、
いつも思うけど、寝るまでは前日よね〜?と思う舞歌さん。
明日も早いので、そろそろ寝ます

あ、そうそう、明日は、きらめきのエントランスで、
12:15〜、クリスタルフルート、フルート、リュート、トラヴェルソで
「煌きのクリスマスコンサート☆」と題してコンサートをします♪

皆様、是非、クリスマス気分を楽しみに、
きらめきまで、聴きにいらしてくださいね。
この楽器の組み合わせは、世界初ですよ〜♪

では、また明日〜
おやすみなさい〜

憧れのスワロの輝き☆彡 2008年12月09日(火) 

今日もハードな一日でして、朝も晩もの忙しさでした。

午前のお仕事の合間を縫って、受験時代をともにした
うちの旧・村松君をYさんにパスしに行き、
午後の仕事後は、夜までレッスンだったのですが、
ポニョママさんが嬉しい作品を手に家にやってきてくれました♪

以前のスワロの話から、「作ってみましょうか?」と言ってくださった
ポニョママさん。「できたんですよ〜」と見せてくださったんですけど、
さすがさすがの見事な、素晴らしい輝きです☆

なるほど、これがスワロの力なんですね
私はボンビーなので、買えないわ〜って思ってたら、
「作ると意外とお安く収まると思いますよ」と、
おっしゃってくださって、今回特別に作ってくださったんだけど、
これは本当にすごい〜!!

しかも、ポニョママさんのアイデアで、ペンダントトップが
付け替えできるようになってるのです

私の技術が無くて、あまり上手に撮れてませんが、
本当にキラキラなんです☆
きっと、ベルベット地に光を上手に当てたら、
もっとキラキラ感出せるんだろうけど・・・ごめんなさい(>_<)

思ってたとおりのデザイン
嬉しい〜そして、なんてリーズナブル
ポニョママさん、お忙しい中、本当にありがとうございましたm(__)m
大事に使わせていただきますね

レッスンが全部終わってからは、久々にM顧問がイタリアの
ビデオを取りに、うちに来てくださって、ついでにパソコンのメンテも

あ、そうそう、私がイタリアに行ってた期間、
せっせとHPのリニューアルをしてくださってたのは、
もちろん我らがM顧問様であります

私には、あんな難しいことはまだできません〜

で、そのデータを私のパソコンに落とし込みながら、
ビデオについて一言。

「先生、ビデオは縦にして撮るもん違いますよ〜???」

え・・・?

あ、そういや私、ビデオに納まりきらない教会とか、
全貌入れるために、縦にしたり、横にしたりして
一生懸命撮ってたんだけど、あれって・・・

そう、なんとなく、カメラのノリで、縦撮りしてたけど、
映像って、TVと同じ、横の画面でしか見ないのよね・・・

ちゃらら〜んどうしましょ

で、実際に画面で映し出して見せてもらうと・・・。

映像に合わせて、首を縦にしたり、横にしたりして
見ないと見ることのできない、とっても酔いそうな映像が、
画面に流れることに・・・やっちゃいました〜

皆様、ごめんなさい(>_<)

「とりあえず、ぼちぼち編集してみますわ」と
帰っていかれたM顧問様、まことに申し訳ありません。

大丈夫かな〜。。。
みんな見たら酔うんじゃないかな?

ほんとにごめんなさい(>_<)
あぁ、今回のイタリアは、いろんな意味で、
えらいことになっちゃいました。

実は、このビデオ、新年会の時に上映会したいと
S大先生がおっしゃってるのですよね・・・

演奏会自体は、横撮りしかしてないので、多分、大丈夫ですが、
それ以外が大問題だなぁ〜

ともかく、私の手には負えないので、
後は野となれ〜で・・・

とにかく、私は私のできることを頑張りますね〜

ポニョママ新作完成です☆彡ブラボーな輝きとデザインです♪

後遺症? 2008年12月08日(月) 

今日は久々に、もう一つの仕事に復帰しました♪

昨日の夜は果ててしまったのと、
京都のあわせがあったのもあって、
理事会もお休みさせていただいて、
今日の仕事に備えたんだけど、
やっぱり、中身がどーんと重いです

と、説明すると、胃が?内臓が?と聞かれるんだけど、
そうじゃなくてね、時差ぼけでもなくてね、
身体の中がどーんと重いの〜

寝不足が続いてるからかしらね?

なるべく、帰ってからとか行く前に、フリーの時間を作って、
余裕を持たしてたはずが、蓋を開けてみると結局ハードで、
あれれ〜?であります

ともかく、仕事はパリパリと(バリバリではなく)ともかくこなして、
帰宅し、楽器をいつでも貸し出せる準備して、木曜のプログラム作り♪

そうなのよね・・・。
11日の本番ってまだ先って思ってたら、今週の木曜日ではないですか!!

ホールから連絡きてて、慌てて連絡したら、もう閉まってて、
明日は休館日らしいので、大慌てで、プログラム原稿作って、
ホールの方へメールで飛ばすことに。

さっき、送ってとりあえず、ほっと一息〜

イタリアの後遺症といえば、私の場合、このど〜ん以外は、
日本語がイタリア語に聞こえるってことだったんだけど、
Aさんは、「パスポートがない」ってガバッと飛び起きたり、
「変な人います」って言ってる夢見たりしたそうな

みんなやっぱり、相当気を張ってたのね。。。
でも、全く大らかにしてたのに、盗られなかった人もいるし、
怖い目にあってない人もいるから、それってなんでだろうって思っちゃう。

そんなに隙だらけってことはないと思うし、
最低限のことはしてた気がするのになぁ〜

そう言えば、ヴェネツィアに延泊された方の中で、
ホテルの部屋荒らされて、トランクの中のお土産用の手袋
10個中7個盗られたり、(でも、なぜ7個・・・?)
シルバーのアクセサリーを盗られた方もいたらしい・・・

しかも、そのホテルはちゃんとJTBがかんでるのに・・・。
なんか、イタリアって本当に怖いなぁ〜

私もあれ以来、携帯を首から下げるくせが・・・
そして、みんなに「ここは日本だから大丈夫だよ」って
言われてます。

とにかく、カメラが残念でね。。。
データだけでも返してほしい・・・。

ともかく、嘆いていても仕方ないから、
保険が降りてくれるのを祈りつつ、仕事でも必要なので、
帰国後すぐ、安いカメラを探しに行きました。

今はだいぶお値段下がってるんですね。
私でも買えるのがあって一安心。

そして、そのカメラゾーンのスタッフの方に、
「イタリアでカメラ盗られて・・・」と愚痴ってると、一言。

「大丈夫!!日本でも盗られますから」

って・・・、おいおい、何が大丈夫なんだ〜と、
思わず心の中で突っ込んじゃいましたよ

私のカメラ、今頃、イタリアでどうなってるのかな〜
思い出のカメラなので、せめて、大事に使っていてくれますように・・・。

チーズケーキが止まらない〜(>_<) 2008年12月07日(日) 

実は、昨夜、我が家にとっても美味しいチーズケーキが届きまして、
甘いもの大好きな舞歌さん、早速、ママと分け分けして食べたのですが、
あまりの美味しさに、フォーク持つ手が止まりません

こんなにおいしいチーズケーキは久々に食べたなぁ〜
送っていただいて、本当にありがとうございますm(__)m

・・・という訳で、今日も朝から、京都へあわせに出かける前に、
朝食後にもかかわらず、ママさんとチーズケーキをぱくり。。。

イタリアで胃が拡張しちゃったのかしら・・・?
困ったわ〜・・・とっても美味しいです

そして、まだ余ってるので、もちろん残りは夜に・・・
ホールって、嬉しい

え?ダイエット?
えっと・・・明日から・・・ということで

京都に着いてからも、いつも早め行動を心がけてて、
今日も一時間前に着いちゃったので、ミスドでお茶しながら
待つことに。楽譜の最終チェックはいつもここでしてます

こちらの本番も来週の12/13土曜日、
京都府立文化芸術会館でなのです。
京都府立病院の前にあるホールです♪

私は、最後の宮城道雄先生の「越天楽変奏曲」に出演します。
ご興味のある皆様方、是非、和の世界に浸りにいらしてくださいね♪

客席で聞くのも圧巻ですが、たくさんのお筝の海の中を
漂いながら吹いてる私の位置も面白いんですよ
いつも新しい発見があって、ほんと楽しいです

いつか、こちら側(演奏者側)からのツアーができたら、
邦楽が好きになる人、もっと増えるだろうな〜って思います。
あ、今回の尺八の先生方はもちろんですが、
若い男の人たちも、ほんとにいい演奏しますよ。

私もあんな風に首振れたらなぁ〜
と振ってみたが、音が消えてしまった・・・
やはり、フルートでは無理らしい・・・

そんなこんなで、楽しくもあっという間の練習を終え、帰路に着く私。
お家には、チーズケーキが私を待っている〜

あ、そういや、私って、クリスマスもチーズケーキを予約したなぁ〜
元・神戸オリエンタルホテルの・・・。こちらは仕事絡みで、やむなくですが、
おいしそうなので、こちらも楽しみです

チーズケーキって、年に一度食べるか食べないかの人だったのに、
今年は12月に入ってからチーズケーキづいてきましたね

さぁ、今夜も食べるぞ〜
と、気合を入れて帰る舞歌さんなのでした


我が家にチーズケーキが届きました♪
どう〜、この美味しそうなつやつや感☆彡味も絶品です!!

ファミサポ☆クリスマスコンサート 2008年12月06日(土) 

帰国後一本目の本番です♪
朝10時〜ということで、今日もしっかり早起き
イタリアに負けないスケジュールだなぁ〜

M顧問にお借りしたままビデオも引っさげ
会場でせっせこといろいろセッティング。

手作り光るマリモは、私作ですのよ〜
今日は譜面隠しもプーさん♪

バックの飾り付けや、歌詞カードはファミサポの皆様の力作☆彡
本当にありがとうございましたm(__)m

一部は一緒に歌うコーナーで、みんな元気よく歌ってくれて
ありがとういろんな振り付けがあって、面白かったです♪

休憩タイムは、サンタさんからのプレゼントがあったね〜
ペットボトルマラカスをシール貼ったりして完成させて、
みんなで一緒に音楽を演奏して、私も楽しかったです

二部は紙芝居もあったね☆彡
もうすぐやってくるクリスマスの準備にサンタさんはおおいそがし
でも、ファミサポのみんなのとこには、少し早めにやってきてくれて
よかったですね〜そうそう、サンタさんからの二つ目のプレゼント、
「賞味期限伝え忘れてすまんのぅ〜」って

でも、来年までおいとかないで、
なるべく今日中に食べてねって言ってたよ〜

ファミサポのみんなと過ごせた楽しい時間は、
お姉さん?達の宝物です
ありがとう〜また、どこかでお会いしましょうね♪

午前の本番後は、またまた移動して、別件のあわせ♪
そう、またしばらく、演奏会が続くのです。

夜はくりふるのあわせに行ってきました♪
くりふるも来週日曜が本番です。

本当は日本クリスタルフルートオーケストラで
出る予定でしたが、体調崩したり、お仕事入ったり、
予定がダメになったり・・・で、メンバーが少し減ったので、
今回は練習時間も少ないし、くりふるでの出演。

・・・と、言いながら、きっと、くりふるとクリオケの違いは、
きっと私の他はあんまりわからないというか、
気にしてないというか。。。こだわってるのは私だけかもね

さて、最終練習に肝心のSちゃんの姿が・・・。
どうやら、イタリア後、ダウンしてるみたいなので、
私が代吹きしながら、最終あわせ。

結構、今回いろんな意味で難しいことにチャレンジするから、
それなりにいろいろと大変なのです。
でも、すごく面白いとは思うんだけどね

Mさんの名演に、Aさん、Iさん笑いっぱなしですから

来週のきらめきの本番、是非、皆様も楽しみにしていてくださいね♪
14日曜日12:15〜が私達のステージです
この日は館をあげてのイベントもあるので、
そちらも、どうぞよろしくねっ♪



会場の飾りつけはファミサポのスタッフの皆様の力作です。私もちょっぴり足元に飾りつけ☆彡
今日のお話は、「サンタさんはおおいそがし」サンタさんはクリスマスに間に合うのかな?
サンタさんは賞味期限にも敏感?

いや〜ん、帰ってからも寝不足じゃん〜(TT) 2008年12月05日(金) 

さて、帰国翌日の今朝は、本当は昨日迎えに行くはずだった
うちのもう一人の大事な家族、わらちゃんのお迎えです。

Aちゃんママのご好意で、駅近辺まで車で送ってもらったわらちゃん。
ちょっと感動のママとの再会、かなり意外だったお怒り紫音ちゃんとの再会ときて、
さて、どうなるのかしら?と、不安に思ってたら、さすがはわらちゃん。

車の窓が開く前に、「キューン、ヒ〜ン、スーン」と
鼻を鳴らして寂しかったのアピール

お散歩は一日2回だし、ご飯も2回だし、一部屋お部屋もらってたし、
おやつもあたってたらしいから、待遇はうちよりずっとよかったのに、
さみしかったよ〜と素直に、ダイレクトに甘えてくれるわらちゃんに

さすがは、わが妹よ(母にとってはわらちゃんは娘なので、
私にとっては妹になる訳です。ついつい、いじめちゃうけどね
なんとも、感動の再会となりました。

日中はこれから続く本番の楽譜整理。
そして、夜は明日の本番のあわせで、
ピアニストNちゃんとうちの電子ピアノで最終あわせ♪

私ったら、うっかりしてて、肝心の手巻き鈴をイタリア延泊の皆様の
盗難防止用に貸し出してきちゃったのよね・・・
明日は手持ち鈴で頑張ります

Nちゃんもいろいろ大変だけど、明日は朝から
よろしくお願いしますm(__)m

明日のコンサートって、随分前に、定員オーバーしたみたいだけど、
別枠で、また更にお客様が増えたらしい。。。

日本に帰ってからも忙しくって、メール開いて無くって、さっき軽く確認したら、
山のように莫大な数のメールきてて、ひぇ〜ってなってみました

全部はとても読めないので、急ぎのものから順次・・・。
皆様、すみませんが、今しばらくお待ちくださいませm(__)m


紫音ちゃん用にといただいた温泉水入りのスプレー♪ありがとうございますm(__)m
これのおかげか、帰ってきてからずっと石鹸みたいないい香りのする紫音ちゃん♪

あぁ、わが祖国、日本っ♪ 2008年12月04日(木) 

いろいろと嘆いたり、席に戻って、うとうとしてる間に、
無事、関空へと戻ってまいりました

やっぱり、いいねっ!!日本万歳っ!!
何より怪しい人が少ないっ!!

でも、最後まで気は抜かないぞ!!と
フルートを肩から首からぶら下げて・・・。

はぁ〜、重い・・・。早くこれから解放されて、
自由になりたい・・・。とにかく、足をのばして寝たい。。。

さくらさん、H先生方と「お世話になりました」と解散後、
私はお守りにと持っていってたTCを日本円に換えてもらいに。
Sちゃんは還税に。そして、終わると3人で関空バスに乗り込み、茨木へ
中ではもちろん爆睡です

茨木まで帰ってきて、それぞれの方向へみんなで歩いて行って、
バイバイすると、ちょっとさみしい気持ちになったり・・・。

でも、まずは、お家が心配なので、猛スピードでトランク転がしながら、
歩く、歩く、歩く

で、お家が見えてくると、ちょっと「じ〜ん」ってしちゃったり。。。

久々に帰って、トランク置いて、楽器置いて、まず窓開けて空気入れ替えて、
ベッドに横になって足を伸ばし、「あぁ〜、我が家っていいな〜」と私
デジカメ盗られないし、部屋のドア勝手に開けられないし、
トイレのドアが閉まって閉じ込められたりしないし

ほんとに久しぶりに心が軽くなりました

で、そこからです。
帰ってきたのがもうお昼回ってるし、でも、今日は夕方からレッスンを
入れちゃってるし、何より、私ったら、イタリア行く前にシフト出すって
言ってたのに出し忘れてて、勤務先に帰ったらすぐ出さなきゃと、
お土産持って走り回る・・・。

今日は親友のMちゃんのB.Dでもあるので、
彼女の仕事終わりを待ち構え、プレゼントとお土産渡して、
ちょっぴりイタリア話。いやいや、ほんま大変な旅でしたわ

で、大慌てで帰ってくると、結構いい時間。
そして、ママさんの通所のお迎え。
「あら〜、うちのお嬢さん」って、ママさん。
ちょっと感動の再会にうるうるきながら、
その後すぐ、半分死にながらレッスンして、
晩御飯作って、ママさんに食べてもらって、
寝かしつけてから、今度はお土産片手にNさんご夫妻の元へ。

そう、紫音ちゃんのお迎えです
私の恋人、紫音ちゃんとの感動の再会であります

Nさんに案内されながら、二階に上がっていくと
聞こえるなつかしの声 紫音ちゃ〜ん!!

「帰ってきたよ〜」と声をかけると・・・
あれれ?なぜか誰?って顔で私を見ます

「紫音ちゃん、お母さんだよ〜」
紫「・・・。」

「恥ずかしがってるのかしらね」と、
気を利かしてくださったNさんママが紫音を籠から出してくれると、
一目散に私のところへ・・・

・・・ではなくてね、Nさんパパのとこに行って、
頭の上から私を?って感じで見てるんです

よっぽど、ここの居心地よかったんだろうな〜
隣には美人の白オカメR君。
美味しいご飯に、温泉水の霧吹き。
放鳥スペースも広々だし・・・。
Nさんご夫妻はとっても優しいし、朝ごはんに、
紫音の好きな食パンつけてくれるし・・・。

「このまま、ここに置いて行った方が、この子の幸せなのかも・・・」と
涙ながらに口走る舞歌さん。。。

私、紫音ちゃんママ失格です・・・

でも、置いていく訳にもいかないし、いや〜んって言う紫音ちゃんを
籠に入れてもらい、お礼を言って、家に連れて帰る事に・・・。

でね、お家に連れて帰ったら、またまた「出して」とおねだりされ、
出してあげるといつもどおり、私の肩の上に
「紫音ちゃ〜〜〜〜〜んっ!!」
泣きつく情けない舞歌さん。
「はいはい」と紫音ちゃん。

どうやら、置いていかれたことが許せなかったようです。

で、私?
はい、もちろん、紫音ちゃんに平謝りして、無事ご機嫌戻してもらいました。
今は、手のひらの上で、掻いて掻いて〜と可愛くおねだりしてます

紫音命っ
もう、絶対置いて行かないからね〜
と、固く心に誓う舞歌さんなのでした

怪し気なお土産の数々・・・た、足りるかな?

さよなら〜、イタリア♪ 2008年12月03日(水) 

海外公演の時って、いつもはもう少しいたいなぁ〜とか、
帰りたくないな〜って思うんだけど、
今回は、面白いくらい日本が恋しくって〜

別にだからといって=イタリアが嫌いになったかと言えば、
そうでもなくて、イタリアもいい国だと思うし、
また演奏旅行に来たいなとは思うのよ

ただね、もう楽器3本、ビデオ、携帯、お金、パスポートを
守り続けることが辛くって・・・。

オーストリアやドイツ、韓国ですらこんなことはなかったから・・・。
とにかく寝不足続きだし、早く日本に帰って、安心して
まずはぐっすり寝たいと・・・

今朝も、トランク降ろした後、もし、また盗られたら???
ってことで、S大先生は、まだ帰国されないのに、
私達の為に早起きして、荷物番をかって下さって・・・

エレベーターでは、一度に二つのトランクしか降ろせないから、
朝食前に順次トランクを降ろして、フロント横の小部屋に集め、
入り口を先生が封鎖する形で・・・。

「とにかく朝ご飯行きなさい」と頼もしいS大先生。
先生だって、連日お疲れの筈なのに・・・。
本当にありがとうございますm(__)m

そのおかげで、トランクは全て無事にバスに積み込まれ、
みんなホテルの朝食片手にバスに乗り込み、いざ、ミラノの空港へ

あっと言う間に到着し、空港で、トランクを預ける私はかなりドキドキ・・・。
もし、重量オーバーしてたら・・・とハラハラしたけど、無事クリア。

本当はもっとパスタとかワインとか重量あるお土産買いたかったけど、
私達が重量オーバーすると、団体で運んでるお筝とかの楽器が、
追加料金発生になるのです

今度行くときは、もっとトランクをダイエットさせて、
お土産いっぱい持って帰れるようにするぞ〜

と反省しつつ、空港内のお土産屋さんで、軽めのお菓子等を物色。
今回、いろんなとこにお世話になったから、お土産の数がハンパない・・・。
約200人分なのです。。。
皆様、これぞってお土産じゃないけど、ガッカリしないでね〜

で、くるくるとユーロのお財布と相談しながら回ってると、
嬉しそうな顔したSちゃんが

電車のおもちゃ見つけたらしい

お坊ちゃまの鉄くんが、大喜びしそうなかっこいい電車
ママの使命を果たせて、ほんとよかったね〜

あ、私ったら、紫音ちゃんにお土産ないわ・・・
母失格であります。。。
でも、早く会いたいなぁ〜

そして、お土産も買って一安心で飛行機に乗り込む私達。
またもや出発時間は過ぎ、かなり遅れて離陸。

フランクフルトについて、また移動・・・って時に、日本から着信が
入院されてたT先生です

末に無事退院されたそうで、お元気そうな声で一安心。
「今、私まだドイツなんです〜」とお伝えすると、
「ほぉ〜、最近はそのまま海外でもかかるんだ」と感心される先生。

ほんと便利な時代ですね。
ただ、着信もお金かかるから、今回は結構携帯使ったから、
次の請求がかなり怖いわ〜

一足先に搭乗口に集合してると、とあるアナウンスが
どうも、システムエラーで、この飛行機に乗れない方が
出たらしく、一本後の便に変えてくれるなら、
商品券をお渡ししますということらしい。。。

日本語でもアナウンスしてるのに、日本語に聞こえなくって・・・

で、顔を見合す私達。。。
例え商品券もらっても、それよりも今は早く日本に帰って寝たい〜

と言うことで、名乗り出ることもなく、飛行機に乗り込み、いざ日本へ♪
ここからまだ10時間ちょいかかるんだもの。。。
イタリアって、遠いですね〜。

それでも、行きよりは1時間近く早く帰れるし
帰りの便は一人ずつの液晶画面じゃなかったけど、
「センターオブジアース」や「ウォーリーE」をやってて、とっても嬉しいっ

ちょうど見たかったのばかりじゃないですか
・・・ところが、あまりに眠くって、結局、なんどか沈没。
「ウォーリーE」にいたっては、一番大事なラストシーンを見逃し、
しっかり見ていたSちゃんに教えてもらったり・・・。

お夜食食べに後ろに集合し、食べながらストレッチもする私達。
でも、おにぎりは美味しくない〜
日本のおにぎりが恋しいよ〜


空港で懐かしのボーダフォン発見☆
みかどって・・・?おいおい・・・

大事件勃発!! 2008年12月02日(火) 

大変なことが起きました。

今朝は、午後からスカラ座見学できることになり、
自由時間の取れる午前に、ミラノのドォーモに行くために、
早起きして、朝食をとるためホテルのレストランに行ったんです。

あうろすぷらすチームは、下で集合だったけど、
また誰もいなくて、私一人でご飯食べてると、
やってきたあうろすチームのYさん。

一緒に座って、朝食を食べながら話してると、
彼女が突然、「オレンジのカバンがないっ」と

背中と椅子で挟んで、紐も踏んでいたオレンジのバッグを
誰かに盗られたんです。

私も周りの人も全く気づかなくって、一体いつの間に?

英語の上手なYさんは、すぐそこにいたイタリア人達に
なにかいろいろ尋ねたり、フロントの人にお願いしたりしてたけど、
ほんと、一体、いつの間に、誰が・・・?

真っ青になる私達。
カバンには、大切なものが全部入っていたんです。

そこへ帰国のため、降りてこられてたO先生も
やってきてくださって、いろいろと指示を出してくださって。
クレジットカード止めるのをまずして、次に警察に行って、
パスポートは大使館に連絡して・・・と。

本当に、こういうとき、男の方って頼りになります。
私なんかすっかりパニックですから

そして、S大先生とYさんはタクシーで警察へ。

後に残った私達・・・。

ホテルのレストランの朝食の場で、それも、
あんなに旅慣れた、いつも一人でイタリアを回ってるような
しっかり者の彼女ですら、盗られてしまうなんて・・・。
しかも、周りにいた人間が、誰も気づかないって・・・。

このホテルだって、安全は保障されてない。
はっきりわかって、「ずっと貴重品を身につけて旅してきたけど、
今日はドゥオーモに行くし、持って行くほうが危ないから、
部屋のセーフティボックスかトランクに貴重品や楽器を置いていこう」
と話してた私達は、サーってなりながら、知らずに
エレベーター降りてきたメンバーに、今起きたこととを伝え、
注意するよう促して、部屋に戻って、貴重品をまとめて、
また、身体に全部つけて、コートでカバーして、
作曲のS先生の部屋に集合。

ともかく、みんな、まず身近に、しかも、
目の前で起きたことにショックで・・・。

ホテルの中ですらこんなだったら、もう何処にも行けない・・・
と言うか、行きたくない・・・と。ドゥオーモもどうしようと・・・。

とりあえず、寝過ごしたメンバーがご飯を食べに行ってる間に、
みんなでいろいろ相談。

「ミラノに日本人狙いの窃盗団が入ってきたから注意してって、
イタリアのおばちゃんが言ってた」らしく、あと、怖いことに、
ホテルや警察もグルになることがあるらしい・・・。

「あそこのホテルに日本人が団体で泊まってる」と
情報流したり、捕まらないように協力することがあるらしい。

今回がそうかはわかんないけど、このホテルにチェックインした時、
もう既に宿泊費は払ってあるのに、パスポート出せといわれ、
全員の分を一時間預からせてもらいますって言われたし、
しかもS大先生は、クレジットカードのコピーまで取られて、
そんなの今までの人生でなかったよなぁ〜って、思ったけど、
今思えば・・・ってことが、いっぱい。。。

「昨日帰ってきたら、私の部屋の窓、全開やったわ〜」と、私が言えば、
みんなも「私のとこは部屋の鍵が開いてた」とか、
「寝てる間に部屋の鍵が開いてた」とか
「部屋にいるときに部屋のドア開いた」とか・・・。

え〜でしょ?どういうことなん?信じられない!!
「やっぱ、このアマデウスホテル怪しいって〜」とみんな。

で、今後の対策とかを練りながら、気分はもうすっかりブルー・・・。
だって、もう明日が帰国日なのに、帰る前の日に、
ホテルでこんなことが起きるなんて・・・。

こうなると、もう部屋から出たくないくらいなんだけど、
午後からのスカラ座の件もあるし、先生からお預かりしたのを
渡さなきゃいけないという指名もあったし、みんなもドゥオーモは
やっぱり見たいねってことで、結局行くことにして、
人が込む前に早く行こうと計画してたんだけど、
ご飯組が準備整って、部屋に来たのは10時を回ってて、
当初の予定の「8時にドォーモ」の筈が、
歩いて行ったので、11時位の一番人の多いときに

朝のことがあるから、みんなで、地図係、見張り係を分担して、
地下鉄は危ないからと、地上を歩いてドゥオーモまで移動。

行く最中、着いてからも、「変な人います」「こっち見てます」
「危ないです」と、Aさん警報機鳴りっぱなしです。

ドォーモの前での記念撮影は、あまりに怪しい人が多すぎて、
「もういいから、はやく〜」「あぶないから〜」をみんなで連発でした

無事、中に入っても、朝、あんなことがあったし、警戒ピリピリで、
「人を見たらドロボーと思え」を実践中の私は、中を歩いてた職員さん?に
「コンニチハ」と日本語であいさつしてもらったのに、おもっきし無視してしまいました。
そして、「あれ?日本人って思ったのに、中国人だったのかな〜」
と言ってる二人のイタリア人。

でもね、二人連れだったし、もし囲まれたら、背の高い私ですら
埋もれてしまうし、もう、これ以上何も盗られたくないし、
盗られるわけにはいかないっ!!

で、ドォーモは登ってる時間もないので、エレベーターで上に上がることに。
手荷物検査があったんだけど、怪しまれたのはクリスタルフルートの入ったケース。

絶対盗られまいとケースに、更に打楽器として持ってきた手に巻く鈴を
ケースに巻きつけてたから、確かに見た目はかなり怪しい・・・。

「これはなんだ」と言われ、「中を出して見せろ」って言われ、
「クリスタルフルートです」と中を開けて見せて、
?って顔する二人に「仕方ないな〜吹くか」と思った瞬間、「OK!!」って。
しかも、後のメンバーの楽器もフリーパスとなりました

エレベーターで上まで上がり、さらに階段で屋根まで登ったんだけど、
実は高所恐怖症の方が二人いて、相当怖そうにしてはりました。

申し訳なく思いながらも、屋上からの景色は最高で、
すぐそばに見える細かい装飾の数々に、すっかり見惚れてしまいました。

やっぱり、いいわ〜。
こういうのは、ヨーロッパに来ないと見れないなぁ〜
怖いけど来てよかったし、見れてよかった

無事、下に降りてからも、降りてからの方が危なくて、
ジプシー系のお姉さんに狙われたり、黒人系のお兄さんにつけられたり、
もう、生きた心地がしない・・・

で、ご飯と休憩兼ねて、美味しいというピザ屋さん探して入って、
注文したんだけど、これまたとっても美味しくて、今までの旅行中で初めて、
これぞピザっていうピザも食べれて、リゾットもパスタも美味しくて大満足

そのままスカラ座に向かい、同行のメンバーと無事合流。
警察に行ってた先生達とも会えて、その後を聞いたけど、
いろいろ難しいみたい。。。ホテルの監視カメラもダミーだったらしいし。。。
全く、アマデウスホテル・・・

とりあえず、スカラ座の中を特別に見せていただけるということで、中に・・・。
カラヤンの写真が出迎えてくれて、赤い絨毯を上っていくと、
ピカピカの床とシャンデリアがきらめく広い空間が・・・☆

ここで紳士淑女が、ダンスとかしちゃう訳ですなぁ〜

中のボックス席、ロイヤルボックス席も特別に見せていただき、
なんと舞台裏のせりとかも

最前列のロイヤルボックス席に座らせていただきながら、
感動する私達〜

しかも特別にとお写真もちょっとだけ撮らせていただきました。
これも、スカラ座の奏者さんの口利きあっての特別なことで、
本当にありがとうございますm(__)m

スカラ座を堪能してから、現地で解散。
それぞれにお土産買いに行ったり、観光に行ったり・・・。

私は、Yさんが再び領事館に行くというので、
ご一緒させていただくことに。

頼りない私でも、1人より2人の方がきっと心強いはず?
(・・・と、ついていった筈の私は、逆にYさんに
とてもお世話になってしまいますが・・・)

そして、行こうとしたとこで、S大先生から
「ご飯まだでしょ?食べてから・・・」と声をかけていただき、
みんなでまたまたマクドに行くことに。

私は食べ終わってたので、カプチーノを。
先生達はサラダやポテト、バーガーとバランスよく。

でね、このマクド、中に雀が飛んでるんです
鳥好きの私にはたまらない〜

よくよく見ると、イタリアの雀は模様が違うし、少し顔が違う
ヴェネツィアで作曲のS先生が力説してたけど、
本当にそのとおりで、しかも、すっごく可愛い〜

日本だったら、カメラ向けたらそそくさと逃げたり、
ちょこまかして撮れないんだけど、ここの子はまるで鳩さんみたい。

カメラは盗られてないので、借り物のビデオですが、
とってもいいショットが撮れました

可愛い雀に癒された後、暗くならないうちにと、
二人で地下鉄で領事館へ。

パスポートの再発行してもらうYさんを待ってる間に、
私もミラノのデスクへ連絡。
土日を挟んでで、連絡できてなかったカメラの盗難について、
前にかけたときにイタリアのデスクにかけるよう言われてたのです。

で、かけたら、今日、ミラノで盗難届けを出してくださいって!!
きゃ〜、私も警察行かなきゃ

で、帰ってきたYさんにそう言うと、私も行かなきゃいけないから
一緒に行きましょうって。

大変な目にあってるはずなのに、しっかりと必要な行動をされ、
気遣いも忘れないYさんって、すごいなぁ〜と改めて。。。

で、警察ですが、本当に英語のできるイタリア人て少ないのね。

私は、かなりYさんに助けていただきながらで、
調書を書いてもらえたけど、これ、もし日本語しかできない人
ばかりだったら、調書自体、作成できなかったかも。

おまわりさん達は「日本といえばキラだよね〜」
「デスノート」「そう、デスノート」と盛り上がってたけど、
私達、大変な目にあってるんですけど・・・もしもし〜?

で、なんとか盗難証明書もらって、真っ暗になる前に、
ミラノ駅に帰ってきて、お土産とかを駅前のお店でゲットして、
ホテルに帰り、げっそりな2人。

くたびれた〜

特に彼女は一日走り回って大変だったと思う。
で、外に食べに行く気分ではないので、
私の持ってきた非常食で、二人で夕食。

こういう疲れたときは、やっぱりおかゆよね〜♪
持ってきたのをコップに移して、語りだす私達。
まぁ、いろいろやってくれましたな・・・イタリア

特に、最後のこのアマデウスホテルでの一件・・・。

今夜はあうろすの打ち上げも10時からあるので、
ちょっとだけだけど、目覚ましかけて、仮眠することに。。。

そうこうするうちに、ナポリに行ってたAちゃんも、
無事部屋に帰ってきて・・・。

今回の演奏旅行って、演奏的には、とても貴重な体験させてもらったけど、
そして、お客様もとても喜んでくださって、私達もすごく感動したけど、
その反面、国民性というところに、いろいろ感じるものが・・・。

所詮は、狩猟民族と農耕民族の差なのか?
「盗られた人が悪い」っていう考え方が、とっても悲しい

というより、そもそも、なんで、イタリア人だったり、
他の国の人たちは、棚に荷物おきっぱだったり、
座席に荷物置いてトイレ行ったり、レストランでも
荷物とか椅子にかけててどっか行ってても盗られないのに、
日本人っていうのだけで、どうして盗られたり、狙われたりするんだ?

腹も立つし、悲しいし、とっても複雑・・・。
でも、今日ドォーモの周りで、「お金ください」って言ってる
うちの母と同じくらいの年のおばぁちゃんや、
ギラギラした目の人たちをたくさん見て、やっぱり、そうしないと
生きていけない人もたくさんいるんだって・・・。

生きるか死ぬかとなった時、
人間は、どこまで良心が残るんだろう?

・・・なんか、いろいろ考えさせられましたね。
きっと、この旅行のことはずっと忘れないんだろうな・・・。

そして、約束の10時。
Iさんのお部屋に集合した私達。
みんなまだ、ほとんど集まってなくて、この旅の終わりにして
思うんだけど、みんなイタリア人化していってる?

私は「時間は守らなきゃ」のタイプなので、しんどくても
這ってでも頑張るんだけど、一番マックスで、決めてた時間が
みんな気づくと、2時間位違ってるんだけど・・・?

それなら、私、もう少し寝たかったなぁ〜
遅れるなら、連絡入れようよ〜、待つのしんどいって〜、
こんなに集まらないなら、はなから時間遅くしようよ〜、
って、最後にして、ぽそりと愚痴も出る。。。
いろいろあったからか、疲れからか、ダメだなぁ〜。
器の小さい私・・・ そして、めっちゃ眠いし・・・。

で、ポツリ、ポツリとみんなが集まってきたときのこと。
お風呂へのドアを閉めたIさんが開かないと大慌て!!

普通に閉めたのに、開かなくなったんです
もぅ、最後まで、このホテルって〜

で、先生がフロントの人呼んでくださって、
直してっていったら、「ノープロブレム」って
おいおい!!何がノープロブレムだよ?
そして、間髪入れずに先生、
「プロブレム!!ベリー、ベリー、プロブレム!!」

先生、かっこいい〜と絶賛する私達。
大丈夫と言い続け鍵のかかったドアに体当たりするフロントマン。
だけど、その後も、全然直らず、しかも、明日しか修理呼べない
とか言って、部屋変えるからとか・・・いろいろ。

で、遂には打つ手がなくなり、逃げ出したフロントマンを
再び呼び出して、「でも、明日はもう出発するし、
お風呂の中に化粧品とか、大事なものもあるし、
いますぐ直して!!今夜中に」って、パシッと先生。

「部屋変えるって言ったのに、断ったのはそっちじゃないか」と
逆切れしてたフロントマンが負けて出て行って、
みんなで先生のかっこよさに拍手喝采〜 
先生、かっこいい〜

で、無事、修理屋さんが来て、直りました。

「やればできるじゃない」と先生。
「もう絶対閉めないでくれ」と修理屋さん。。。

おいおい、お風呂のドアを閉めたら開かなくなるホテルって一体?

そして、始まった打ち上げの席で、更に事件の報告が
ホテルのフロントマン、みんなを口説いてたんだけど、
なんと被害者が二人。一人は、トイレに呼びだされ、
もう一人は、部屋の鍵取られて、中に入ってこられたって

もう、ありえへんから〜
最後の夜に、全く何してくれるの?

アマデウスホテル!!絶対、名前変えるべき!!
モーツァルトに失礼すぎるわ

沸々と怒りがこみ上げる私達に先生がポソリ。
「でも、出会いはどこにあるかわからないから、大事にしないとね」
って、先生、こんな出会いいりませんって〜

先生語録「あなたがヘラヘラしてるからよ」に始まり、
この旅でもいろいろありましたなぁ〜
ずっとこうして、先生と旅をしていきたいなぁ

いろいろあって、この旅って、とても複雑だったんだけど、それでも、
イタリア最後の夜を惜しみつつ、明日には帰るんだぁ〜と、
紫音のこと思い出してみたり・・・。早く会いたいなぁ〜。

何よりも、この盗られないように気を張ってるのが、
もうそろそろ限界。実は、今日まで、あうろすの会計も
ちょっとお預かりしてて、その額は計200ユーロ

責任重大で、襲われないかも心配だったので、
守り抜いて返せた時は、ほんとにホッとしました。
まだまだ、自分の楽器やらいろいろあるから、
帰国までは気を張らないといけないけどね

さて、今日の私達の部屋・・・。
ホテルのフロントマンが片っ端から、口説いてて、
しかも、部屋番知ってるし、鍵だって開けれるから怖いと、
シングル部屋のYさんは、私達のとこへ避難。

ベッドをくっつけて、女3人、川の字になって寝ることに・・・。
事件がなければ、これも楽しいことなんだけどね。

彼女のカバンが帰ってくることを祈りつつ、
シャワー浴びて、荷物まとめて、ベッドに入ろうとしたのが、
またまた夜中の2時を回ってました。

明日も6時起きなんだけど・・・。

せめて、明日は何も起きませんように。。。
隣の2人は、もうスヤスヤ・・・
私も寝ます。おやすみなさい☆





ドォーモへ向かう途中の博物館に馬が☆
これがドォーモです☆すごい迫力っ!!
ドゥオーモの中も美しいです♪
尖塔はこんな感じになってます
ミラノで食べたパスタ☆これ、とっても美味しかった〜(^^)





スカラ座の中です。ここで舞踏会♪
シャンデリア〜☆
中はこんな感じで、横はボックス席です♪
スカラ座、今度は演奏で来たいなぁ〜♪
マクドで出てきたカプチーノ。ちょっと可愛い(^^)

きゃ〜!!ヴェネツィアが沈んでる〜☆ 2008年12月01日(月) 

演奏会も無事に終わったので、自分へのご褒美を兼ねて、
作曲のS先生、ソプラノのKさん、あうろすのSちゃん、
Aさん、AKちゃん、Hさんの7人でヴェネチアに行くことに

昨日と言うか、今朝の明け方、パスポートを取りに集まった時、
フロントの方に教えて頂いた情報を元に計画を練るが、
イタリアに来てから、急遽ヴェネチア行きを決めた私達は、
まだ電車のチケットも手配してないので、
既にチケット手配済みのさくらさんチームの一本前には
乗れるようにと、あうろすぷらすチームは、
朝6:30にロビーに集合して、みんなでミラノ駅へ

なにしろ、外国の電車や公共機関は、ほんとに時間通り来ないから

8:05発のICプラスのチケットを購入し、駅で待つもなかなかやってこない。
結局、無事電車に乗り込み、ミラノ駅を出発したのは8:40頃でした

ヴェネチアまでは、電車で約3時間の旅
もともと、今回の公演では、本番後、ヴェネチアに寄りたい人のための
延泊オプションもあったのだけど、そんなに仕事が休めない私達は延泊を断念

すっかり、ヴェネチア行きはあきらめていただけに、日帰りでも行けるよと、
イタリアに着いてから聞いて、ヤッター!!って感じ

S大先生が、「沈む前に行かないと」って、ずっとおっしゃってたから、
どうしても、生きてる間に行きたかったの〜
今回は無理かと思ってたけど、こうしてヴェネツィア行きの電車に乗れてウキウキ

でも、すぐに睡魔が襲ってきて、一番奥の窓際の私は、
景色を見ながら、いつの間にか爆睡
後ろは壁だし、前も横3人もあうろすメンバーだし、
こちら側は窓の外だし・・・と、カメラ盗られたくせに、安心しきって寝てました

だってね、ずっと寝不足が続いてるんだもの。
しかも、日本での寝不足はイタリアで解消されるって思ってたのに、
イタリアの方がスケジュールきついし

て訳で、安心してスヤスヤ寝てた私ですが、後で聞いてビックリ!!
同じ車両にピストル持った怪しい人がずっとこっち見て狙ってたんだって

端に座ってたAちゃん、それに気づいて硬直。。。
AKちゃん以外、スヤスヤ寝てしまい、絶対私まで寝たらヤバイ!!って、
必死で起きててくれて、その間に警察の人も来たりして、大変だったみたい。

あぁ、知らないって怖い・・・
AKちゃん、ガードありがとう

そして、起きてみるとHさんが
「Sさんまだ帰ってこないんです。遅くないですか?」って。

実は席を予約するときに、機械で予約したんだけど、
7人が5人と2人で取って、続きで取れてると思ってたら、
空いてなかったのか、続きでは取れて無くて、座席が2両となりだったんです。

で、心配して様子を見に行ったはずのSちゃんが、
いつまで経っても帰ってこない・・・。
寝ぼけてた私は、「もうちょっと様子見てから〜」
とお気楽なことを言って、また寝てしまい、
再び起きて「帰ってきた?」って聞いたら「まだなんです」と

「探しに行ってくる!!」って、さすがに慌てて飛び起き、
2両隣まで行って見ると、なんと優雅にお茶会をしてて、
ホッとするやら、「もぅ〜、心配したよ〜」と愚痴るやら
無事でなによりです〜

私もお茶会に誘われたけど、ここで私まで消えたら、
残りのメンバーがってなるので、席に戻りみんなに無事を伝えて、
帰りは、「あのタイプの、真ん中に机がある席を取れたらいいね〜」って
で、これが後にまたえらいことになるのであった・・・

それはまた後で話すとして、窓からヴェネツィアが見えてくると、
これがまた感動〜でね 本当に水の都なのよね〜

電車の横をかもめが飛んでいって、必死でビデオまわしてました

で、駅を降りてビックリ!!
何もかもが水に浸かってる〜

水上バス乗り場も、道も建物も、ホテルもレストランも
お土産屋さんも、カフェも・・・全部、全部、水の中・・・

みんな長靴でジャブジャブと水を掻き分け進んでて、
すごい人は、魚屋さんのズボンみたいなのはいて、
ひざ上までどっぷり浸かりながら、歩いてる・・・

私たち、長靴どころか、水対策何もしてない〜
そんなに濡れたら風邪ひいちゃうよ〜、どうしよう〜

で、水上バスに乗って移動しようと、水に浸かったバス乗り場の
チケット売り場にかけられた板の上を、ひょいひょいと移動して、
チケットを買おうとするものの・・・
なんと!!水上バスは、ただいまストライキ中とのこと

え〜、せっかく来たのに〜

とりあえず、行けるとこまで行くか・・・と、
板が渡してあるとこを、向こうから来るガタイのいい外人さん達に
ぶつからないように、一生懸命バランスとって、足もと見ながら歩く。

私ってば、そうとは知らず、ヴェネツィアにビデオ持って来ちゃったから、
しかも、これ、生徒さんからの借り物で、もう、絶対盗られまいと、
首からホルターつけて、かつ、ウエストポーチに入れて
コートインしてるけど、ボンとぶつかられて、チャポンと落ちたら、
考えただけで、おっそろしいことになるんです

ひぇ〜っと思いながら、少しでも上にビデオをキープして、
進むこと5分ほど。水が切れて、陸地が見えて一安心

歩いて橋の上まで来たけど、その先はとんでもなく水浸しで、
板も渡してないから、長靴がないと歩けない・・・。
途方にくれてると、さくらさんチームとバッタリ!!
向こうも、橋の上まで来たけど・・・で、水がひくのを待つことに・・・。

さくらさんと別れて、ひもじくなった私達は、
近くのレストランを探すことに。。。

でも、どこも浸水のせいで、片づけが大変みたいで、
入れるとこがなくてね、どうしようと困ってたら、
ちょっと日本語のしゃべれるオーナーさんがいるレストランの人が、
お店開けるの「一時間後」って言ってたのに、寒そうにしてる私達を
可哀想に思ってくれたのか、「入っていいよ〜」と言ってくれて

で、メニューみたら、なんと日本語のメニューもあってね
さすが、素晴らしき「世界が誇る観光地」

いろいろとみんなで頼んでシェアーすることに
魚介のパスタ、魚介のリゾット、舌平目のムニエル等々・・・。
気がつけば、ほとんどが魚貝系☆
だって、ヴェネツィアだし〜

最近、美味しいけど、三回連続のラビオリ地獄だったから、
違う味、しかも、これぞイタリアって感じの味ですっごく嬉しい
ドルチェも、もちろん頼んだよ♪私はティラミス
すっごく、すっごく美味しくって、体もこころもほっかほか

そうしてる間に、水も引いてきたので、またチケット売り場に戻って、
聞いてみるけど、まだスト続行中。
水上タクシーしか走ってなくて、高そうだし・・・と悩んでたけど、
実際に聞いてみると、7人で70ユーロ☆

え?一人当たり1200円位じゃないですか
しかも、貸切なんだから、安くも感じてきたりして
水上バスだって、1人6.5ユーロですから。。。

で、乗り込んで、いざ、出発!!
水上からの景色は格別でしたよ 町並みも綺麗で、橋の下も見れるし、
ずっと、キャーキャー言いながら、みんなで写真やビデオ撮ってました
楽しい〜なんか、すっごくイタリアをエンジョイしてます

そして、着いてみると、サン・マルコ広場も、サン・マルコ寺院も、
全部水浸し。残念ながら、中に入れなかったんだけど、
それが残念に感じないくらい、そこには、素敵な景色が広がっていて
う〜ん、ほんとに来てよかった

サン・マルコ寺院が見れない分、普段見れない景色が見れたなぁ〜って。
いい時に来たなぁ〜って、一生懸命水を掻き出してる現地の皆様には
申し訳ないけど、すごく嬉しかったりして・・・。

で、寺院の横を歩いてると、台に乗せられたグランドピアノを発見
グランドピアノも大変ですね〜

帰りは、町を歩きながら、開いてるお店を見て回って・・・。
ヴェネツィアグラスのお店とか見たかったけど、今回は、
水浸しで開いてるとこ少なくって・・・。

レース屋さんに結構べったりいて、みんな、日本から買い付けに来た?
って位、まとめ買いして、大満足で有名なリアルト橋へ

計ったかのようなタイミングで、夕日が沈んでいって、
赤く染まった空が、それを逆さに映す水面がとてもロマンチックでね、
みんなで、魅入ってしまいました

さて、ここからが、ヴェネツィアの恐ろしいところ。
日が沈むと、入り組んだ道はまるで迷路。

「イタリア人も迷うから」とヴェネツィアに来る前に同室のAちゃんから
もらったヴェネツィアの詳細地図が大活躍するも、やっぱり時々迷って、
現地の人に教えてもらいながら、駅に渡る最後の橋が見えたときは、
みんなで、「やったー」っていう感じの達成感

無事帰れたからだけど、なんか、すっごく楽しかったです

さて、帰りの電車。
4人がけ席を二つ押さえたつもりだったけど、
蓋を開けてみると、なんと6人がけのコンパートメント
しかも、私達3人のコンパートメントは電気がつかない

無理〜と、隣の車両の4人がいる6人がけのコンパートメントに
押しかけ、7人で占拠するも、指定席だから、別の方がきたので、
10分後、また戻らなきゃならなくなり、電気のつかない元の
コンパートメントに戻ってみると、既に他の3人が座ってるけど、
座ってる席が全然番号と違うの〜

そう、イタリア人は席を守らないというか、気にしないらしい・・・。

で、イタリア人?に挟まれて座ることになったAさん。。。
電気がついてないだけに、疲れも出てとても眠い3人ですが、
寝たら終わりと、互いに話が切れないよう、寝ないよう必死!!

カメラ盗られた私も、ビデオは死守しないと〜

で、寝ないためには、なにか食べるもの・・・って言われて、
じゃあ〜と、持っていた「わさび柿の種」を出したら、
ギョッとするSちゃん

「それは絶対だめ〜」って
「なんで?目に染みるから?」と言う私に、
「ありえないですから」とSちゃん。

なんかね、カリッとかポリッとかバリバリと音をさせて食べるのは、
外国にはありえない耳障りらしく、そんなこと知らない私達は、
行きの電車でも、日本から持ってきたおせんべいやうにせんを
開けて食べてたんだけど、実は、すっごく注目されてたらしい・・・

それなのに、わさび柿の種。
しかも、コンパートメントで、においも音もだから、絶対ダメ〜と。
チョコレートで我慢してとチョコを渡され、仕方なくなく、
おとなしく、言うとおりにわさび柿の種をしまう舞歌さん。。。

そして、向かいのAさんを見ると、その横に座ってたお姉さんが、
ちょっと怪しくて、ずっとAさんのカバンを見てる

で、日本語はきっとわかんないはずと、
「Aさん、視線はそのままで聞いてね。隣のお姉さん、
ずっと、カバン見てるから、注意してね」
って、言った途端、ハッとして、カバン見て手で抑えるAさん。。。
おいおい、何言ってたか、ばれちゃうでしょ〜
視線そのままって言ったやん〜

で、しばらくして、今度は緊張のあまり休憩兼ねて、
「席を立ちたい」と言い出したAさん。

「トイレに行くにしても、一人は危ないから、隣の車両の4人から、
護衛に2人借りて行って〜」と、的確な指示をだすSちゃん。
あなたはすごいっ!!

そんなこんなで、時間は過ぎ、怪しいお姉さんが降り、
奥のパソコンいじってたおじさんも降り、イタリア人らしい
お兄さんと私達の4人になって、ホッとしてしまう私達。

会話も弾み、いかに「さっきまで怖かったか」をしゃべってると、
日本語がひょっとしたら少しわかるのか、ニュアンスで感じてるのか、
イタリア人のお兄さん、口元に手を当ててなんか笑いこらえてる?

この人、いい人なのかも?
そう思いながら、晩御飯まだな私は、再度、
「今なら、これ食べてもいい?」と、再びわさび柿の種

結局、Sちゃんのお許しは出ず、袋にしまって持って帰ったけど、
私の向かいのイタリアのお兄さんは、すっごく気になってたみたいで、
ずっと柿の種見てたよ〜って
後で、あげたらよかったね〜と私達。

いつか、あのお兄さんがこの味に出会えるといいな〜

で、無事、ミラノ駅に帰ってきたのが、夜九時頃。
3時間ぶりに合流した7人は、ホッとしたは、お腹は空いたわで、
でも、ミラノの駅前のこんな時間に食べにいく気はしなくて、
ホテル近くのマクドナルドに

注文したんだけど、お姉さん、英語で注文すると、
ケッて感じで、ドリンク何にするか頼んでないのに、
勝手にコーラー入れはって、プチッときた二人。
「コーラーちゃいます、わてオレンジですねん!!」
と英語にニュアンスこめて、お姉さんにコーラー返して、
はぁ〜?って感じでオレンジを袋に入れてもらいテイククアウト。

「もぅ、感じ悪いわ〜」と、ホテル帰ってから、Sちゃん達の部屋で
ポテトつまみながらポツリ。。。イタリア人、英語しゃべれない人、
多すぎです。。。しかも、なんで英語やねんって感じだし。

でも、あそこでイタリア語の本出したら、ドアのとこにいた
怪しい外人さんたちに狙われそうだったし・・・。

で、私がくるくるポテトのがよかったから、それ言ったら
余計お姉さん、ケッて感じだったのよね。。。

そして、このマクドのバーガー、不思議なニオイする。
私、なんか食べ物と違う匂いするって言ったら、
Aさんたら、「古いたんすのニオイ」だって
まだ食べてないのに〜とSちゃん。。。

で、明日の観光をどうするか相談する3人。

KAちゃん達はドゥオーモに行きたいらしく、一緒に行くかという話しながら、
「どぅおーも、ドゥオーモに行くらしい」
としょうもない悪ふざけをする私とAさん。

しかし、めっちゃスルーのSちゃん。

更に二人は盛り上がり、もう一度大笑いしても、
Sちゃんはスルー。
で、ケタケタ笑ってる私達を見て、
「なになに?私にも教えて」って・・・聞いてなかったの?
じゃあ〜、と張り切ってどぅおーも、ドゥオーモに・・・を言って、
しら〜っとSちゃんにあきれられた二人。。。

でも、懲りずに笑ってると、
ドンドンドン!!ってすごい音が

し〜ん・・・となる3人。。。

どうも、うるさくて怒られたらしい。
ごめんなさいと静かにしてるんだけど、
ずっとガチャガチャ、ドアを開けたり、閉めたりする音が・・・。

怖くなって固まる私達・・・。

しばらくして、「そろそろ部屋に帰るね」と私。
「やめて〜」と止める二人。

「今出て、もし変な人が入ってきたら怖い」って。

・・・そうは言われましても、同室のAちゃんから、
まだ連絡ないけど、ナポリからホテルの部屋に連絡するかもって
言ってたし・・・と、とりあえず、静かにそっと開けて覗いて、
もし、やばかったらすぐ閉めるからと私。

二人を後ろに、警察の突入のように、
静かにでも、一気にドアを開けて・・・。
でも、誰もいなくて、他のドアも開いてないし、
さっき人の話し声ずっと聞こえてた気がするのに、
誰の気配もないし・・・?

「とりあえず帰るわ」と帰ったものの、
その後も、二人の部屋の外では、ドアのガチャガチャ音や
話し声っぽいのとか聞こえてたんだって。
結局、なんだったんだろうね?

さて、部屋に帰った舞歌さん。
とっても入りにくいお風呂と言う名のシャワーを頑張り、
お洗濯を終えて、久々の一人の夜。

今夜はAちゃん、ナポリなの。
で、ツイン部屋に私は一人。
ちょっと怖いので、トランクや椅子でドアをガードして、
TVをつけて荷物整理。

ほんとは、今日と明日、バレエの先生も一緒に、
クリスタルで本番しましょって言ってたけど、
ちょっと予定も変わったし、ミラノも危ないしね。

明日、どうしようかな?
ドォーモの周りも危ないらしいから、フルート置いていこうかな?

でも、Aちゃんと合流して、吹くことになったら楽器ないと困るから、
クリスタルを持っていこうかな〜ってやってると、気がつけば、
今日も夜中の2時まわってる〜。長い一日だぁ〜

明日は7:15にレストラン集合で、あうろすぷらすチームで、
どぅおーも、ドォーモに行くらしい・・・。(ハイハイって?)

相変わらずの6時起き。
自由時間があってもハードだわ〜
では、そろそろ寝ます。おやすみなさい☆





ヴェネツィア駅の前・・・わかります?道が水没してます☆
かもめさん、可愛い〜♪
とりあえず、水が引くまでみんなでご飯♪どれもすっご〜く、美味しかったです☆ヴェネツィア行ったら是非、ここへ☆日本人好みの味です♪
水上タクシーでサン・マルコ広場の前まで行ったけど、どこも水浸し・・・くれぐれも、ここは道です
別の角度からも☆みんな長靴で水の中を歩いてます。





サン・マルコ寺院の中も水浸しで、今日は中には入れません。みんな板の上を歩いて街に戻っていってます。
こんなに美しいサン・マルコ寺院も、近年は浸水で傷みが激しいんだって(TT)
ヴェネツィアで、日本語の売り出し発見!!
向こうのマクドは黒いのだ〜☆
ミラノ駅です
Copyright (C) 2002 ATOnline. All Rights Reserved