齊藤舞歌のフルート日記♪
舞歌のフルート日記へようこそ

どうでもいいフランス写真集パート2☆彡 2011年05月31日(火) 

帰ってきて早々ですが、実は来週
6/7にのこぎりの発表会を控えた私達

今日はS先生のレッスンであります♪

私は今回「情熱大陸」をS先生のギターと
ご一緒させていただくのですが、
まだ中間の自分のアドリブ部をどうするかと
後半のギターソロになった時の
自分のオブリ部分をどうするか悩み中で・・・

だって、まだちゃんと通してあわしてないので
全体が聴こえてこないから、イメージがわかないというか

今日先生とあわさせていただいて、
やっと全体像が見えて、アドリブ部はひらめきそうな感じ。
後半のオブリ部でギターのメロディがあんまり聞こえない気がして・・・。
そこはちょっと悩みどころだけど、先生出すって言ってくださってたし、
当日PA入ったらバランスよくなりそうだから、
ここからは大きい軸はそのままでいこうかな???

あとは私の弾けるテンポをもっと上げなきゃ・・・。

144か148まで上げとかないと
緊急時に対応できないもんね・・・

他にも冒頭のCisは弾きかたが違うせいもあるけど、
根性入れないと下がらないから、
もっと下を出せるポイント探して、
上の3つの音は途中で2回ポジション変えるから
外さない場所見つけておかなくっちゃ。。。

やることいっぱいだけど、先生と一緒に演奏させていただけるのは
とってもやりがいあるし楽しみ
まだまだご一緒させていただけるレベルじゃないんだけど、
当日は楽しめるようしっかり準備したいと思います

しっかし、毎回のことですが、いろんな音がなってる中
自分達のあわせするのって難しいですね

周りがすご過ぎてギターの音全然聞こえないわ
って思ってたら、ピアノに合わせて録音撮ってたお2人、
「今聞いたら情熱大陸しか聞こえない」って

すっ、すみません〜

お2人は録音撮りなおしになっちゃいました

ほんとごめんね〜

さて、さて、今日は昨日の続き。
どうでもいい写真集パート2です☆彡

ねっ、ほら、どうでもいいのばっか撮ってるでしょ?





エールフランスでは一回目の機内食後、次までの間にお夜食?が出ます。うどんですかいとロールサンド☆彡
うどんですかいのなるとは飛行機ですかい(^^♪
うどんですかいはもらいに行かないと配りにはきません。けど、これをこのままお持ち帰りしてるちゃっかりさんもいましたよ(^_^.)ホテルで食べるのかな?
飛行機からの写真も好き(^^♪
結構上を飛んでます☆彡





モスクワあたりと言ってたけど・・・
一本まっすぐ道が走ってます
あれは湖?
きゃー!!結晶ができてます☆彡
それだけ寒いのね(^_^.)

どうでもいいフランス写真集♪ 2011年05月30日(月) 

さて、日本に帰ってきて早々、のこぎりコンサート、
そして、今日から通常のお仕事とバタバタですが、
今回ありがたかったのは、職場復帰して
「帰ってきてくれてほんとありがとー」と喜んでもらえたこと

いやいや、こんだけまとめて休んだら
もういらんと言われるかと思ったけど・・・

「いない間ほんと大変やってん。
やっぱ舞歌ちゃんおらな無理やわ」って

そんなことないけどね、お二人ともとっても仕事のできる方なので
確かに仕事は一人抜けた分大変になるけど、
十分こなしていける技量があらはるねんけど、
それでも、「ほんま帰ってきてくれてよかった」って
こんなに喜んでもらえるとは・・・ありがたいです

正直、向こうは楽しすぎて、日本には帰りたくなかったのですが、
こうして役立つと言ってもらえるなら、
こんなありがたいことはないよな〜と思う私。。。

本当に皆様長期間ご迷惑おかけしてすみませんでしたm(__)m
サポートしていただいてありがとうございましたm(__)m

仕事仲間も、生徒さんたちも、通所先の皆様も、
快く送り出してくれたからこそ、
今回の公演も成功で無事こうして帰ってくることができたわけで、
いろんな方に助けられたなぁ〜と感謝の気持ちでいっぱい

紫音を預かってくれたNご夫妻、
わらちゃんをみてくれた生徒さんたち、
そして、母を見てくださった通所先の皆様、
本当にありがとうございましたm(__)m

仕事仲間の皆様、生徒の皆様、
長らくお休みさせていただいて
本当にごめんなさい。
そして、ありがとうございましたm(__)m

今日からまたエネルギー注入した分、
しっかりと頑張りますのでよろしくお願いします

さて、今日の写真達。。。
今回のベルリンとパリで合計6000枚ほど撮ったと話すと
そんなに何を撮ったの?と。

えーっと、どうでもいい写真
でも、私には楽しい写真
ちょっと見てみますか?





フランスの写真。機内の雑誌にいい写真ありました☆彡
これも綺麗じゃない?
イヤホンが差し込み口に入らないとパニくってると・・・
ここ折れますよって(^_^.)
こちらはフランスのゲーム。。。なんかパックマンっぽい(^^♪





これ、お水です。何故カップ?しかも日本産ですよ(^^♪
ほら、お水でしょ?
で、こちらはドレッシング。これまたカップ☆彡
カマンベールチーズっ☆彡
機内食デザートのチョコケーキ☆彡

中国茶のお店「桃桃」さんでのこぎりコンサートしてきました♪ 2011年05月29日(日) 

なんとなく目覚めて何時だろう?と時計を見て仰天

11:20です

今日は苦楽園口に12:40集合で
その前に練習してから行くつもりだったのに
起きたのが11:20

ひぇーっ!!
しかも何も準備してないっ!!

で、大慌てで、自分の準備しつつ、
母のご飯とわらちゃん、紫音ちゃんのご飯用意して、
慌てて電車飛び乗りました

苦楽園口には40分少し前に到着。
ところがみんながいないって慌ててると、
「舞歌さん、こっち〜」とのこのこメンバー。

「今、Aさんが車でピストンしてくれてるねん」

今日は台風の影響で夜中に大雨暴風警報が出るほど
すごいお天気で、今は解除はされたけど、
まだ雨が降ってるのでほんとに助かります

のこぎりは金属だから雨に弱いのよ。。。
さびたら困るもの。
雨の日はおでかけしたくないくらい

Aさんのおかげで無事到着すると
すでにセッティング始めてるメンバー。

ちなみに今日のプログラムを知らない舞歌さんです

なんせ、19日から海外逃亡してましたから・・・。

よく出させてもらえたものです

みんなでこの日のために揃えたジャケットにご注目
って、暑くて本番まで脱いでるほうが多かったけど

さて、初めて伺った中国茶のお店「桃桃」さん。
ガラス張りの開放的な空間は、中国茶の香りが漂い、
中国の雑貨や家具に囲まれて、本当に癒しの空間

まるで時間が止まってしまったような
不思議な感覚につつまれています

ここ、また来たいなぁ〜。。。
お天気のいい日に差し込む光をたっぷり浴びて
タピオカ入りのミルクティ飲んでまったり・・・なんて最高じゃない?

あ、今日はコンサートなんだった・・・と
時々ちゃんと思い返さないとお客さんの気分になっちゃうくらい
居心地のよい空間で、一弾きしたらひょーんって
音が部屋の中を駆け巡って

ここ、のこぎりとの相性も超バッチリです

共鳴体を持たないのこちゃんは部屋や空間が共鳴体になるから
この響きはまさに宝物ですね

しかし、この雨の中、お客様来て下さるかしら?
と心配してたけど、偶然にもコンサートと知らずに
いらしてくださったお客様

ええ、もう帰しませんよ〜

ということで、コンサートの合間にちょっと体験コーナーにも
ご参加いただきました♪

しかし、皆様コツをつかむのが早いですよね
のびやかな音がします♪

そして、なんといってもいい顔で弾いてくださるので
こっちも嬉しくなっちゃいますよね

のこメンバーのソロあり、アンサンブルあり、
体験コーナーありと盛りだくさんの1時間のコンサート
×2回(2回目は急遽増えた)♪

すごくいい機会をいただけて
まとめてくださったTちゃん、
そして快く迎えてくださった「桃桃」さんに
心からのありがとうを

ほんとすっごく楽しい一日でした〜





今日は中国茶のお店「桃桃」さんでのこぎりのコンサートです♪
お茶請けにドイツ土産のハリボーを(^^♪
リハ後、「桃桃」さんが入れてくださったお茶でほっこりティタイム(^^♪
で、再び練習♪
こちら本日の私ののこぎり(^^♪今日はミュッセルです♪





ご飯も☆彡これほんのり甘くてもちもちしてておいし〜(^^♪
一回目のコンサートご来場のご夫婦にのこぎり体験していただきました(^^♪いい顔で弾いてます♪
この玉子もいい香りでおいしっ(^^♪
中国笛も置いてあって吹かせていただきました♪
こちら2ステージ目のコンサートのお客様。体験コーナーで弓にチャレンジ☆彡いい音です♪

Sちゃんご結婚おめでとー(^^♪ 2011年05月28日(土) 

パリのシャルル・ド・ゴール空港から
飛行機に乗って、晩御飯食べて、
英語版「ブラック・スワン」観て、
お夜食にハーゲンダッツのアイス食べて、
また映画観て、ドラマ観て、朝ご飯食べて・・・。

12時間ほどで無事日本に帰国

私は時差ぼけない人なんで、
向こうもこっちも楽だったけど、
やっぱり胃が疲れてるかも・・・。

優しい日本のご飯が恋しい

パリを13:50に飛んでから、
日本に帰ってきたのが8:25。

コントラ君を連れて帰るので行けないんだけど、
今日はくりふるメンバーSちゃんの結婚式なのだー

帰国して真っ先にメール入れて
ほんと見れないのがすごく残念。。。

みんなで出国前にお祝いは送ったんだけど、
晴れ姿、やっぱりじかに見たかったなぁ〜

全員無事揃って解散の挨拶済ませた後は、
茨木までのリムジンバスを待つことに。。。

Sちゃんも一緒でいつもの海外公演って感じがします
今回パリではほんとに自由勝手にさせてもらったので、
申し訳ないな〜と思いつつ、並んでバスに乗ってると
やっぱ落ち着くなぁ〜と

Sちゃんはほんとに大切な友達でアンサンブル仲間で
時にはライバルで時には師匠で、時にはGPSで
時には気象予報士さんで・・・
ほんとに大事な仲間です
Sちゃん、いつもありがとう

無事茨木に帰ってきてSちゃんともまたねって別れて、
帰りに納豆を買って帰宅。

やっぱり日本人は納豆でしょ〜

まずわらちゃんと感動の再会・・・。
のはずが、玄関から呼んでも、ドア開けて呼んでも
返事がなく姿が見えなくて、さすがに焦って血の気が引いて、
表にトランクほって「わらちゃん〜」って中に入ったら・・・

なんのことはなく、寝てたみたいで、
「あ、帰ったの?」と目を開けて「おかえり」のご挨拶。
「うん。帰ったよ」と私。
お利口さんだったね〜となでなでして、
トランクを取りに外へ。

あー、びっくりした
無事でよかった

で、中でトランク開けて整理してると
時々やってきて、「あ、いる」と確認して
また戻ってを繰り返してしばらくしてまた寝ちゃいました。

やっぱり寂しかったのね

で、次は紫音のお迎え。
Nさんとこにお土産ワインとお菓子持ってピンポン

紫音も慣れたもので、「あっ!!帰ってきた」と
声高く呼んでくれたけど、前みたいにすねたりもなく、
自然にお帰り〜って甘えてくれて、
なんかほっとするやら、成長したのかなと思うやら・・・。

紫音ももう3歳になるんだもんね
(5月生まれだから・・・あれ?2歳?あれ?どっちだろ?)

とりあえずわらちゃんも紫音も、
「お母さんはちゃんと帰ってくる」を学習してくれたみたいです。

Nさんご夫婦に珍道中を聞かれたんだけど、
今回、大きなトラブルもなく、カメラも盗られなかったし、
イタリアみたいにホテルマンに口説かれたり、
押し倒されそうになるメンバーもいなかったし、
最終日の先生の部屋でドアが開かなくなるトラブルもなく、
もちろん洪水もなかったので・・・。

あれ?せいぜいモンサンで食いっぱぐれたぐらい?

演奏会もうまくいったし、ドイツで先生とも会えたし、
パリでプジョーのこもゲットできたし・・・。

結構順風満帆で・・・あれ?あんまネタがないぞ?

よかったのか悪かったのか・・・?

佐渡さんのコンサートの切り抜きを見せてくださって、
TVでもやってたから舞歌ちゃんが写らないか見ててくれたそうで、
私は前の方の舞台下手寄りの客席だったのでどうかな〜?

むしろ、タクシーから降りたときにTV局に撮られました。
けど、多分現地のっぽいかな?
日本からきてますみたいな感じで撮ってたから。

なんか最終日の演奏がすごくよかったそうですね♪
佐渡さんお疲れ様でした
これからの更なるご活躍をまた楽しみにしています
世界の佐渡さんですものね

Nさん宅から帰るとまさに式が終わったばかりの
Sちゃんから電話が

嬉しそうな声が聞けて私もハッピー
Sちゃんの旦那様ともお会いしたことがあるんだけど、
この二人、ほんとに対って感じがしてね、
絶対幸せになるなーって思ったの

なんだろ?オーラ?
つつんでるものが同じにおいなんですよ

だからかすごく安心感がある。
出会うべくして出会ったんだな〜って

どうぞいつまでも仲良くお幸せにね
本当におめでとー

さて、夕方、母も無事帰ってきました。
「パリ行ってきたよ」と話すと「うんうん。」と母。

母もほっとしたのかご飯を食べてすぐ寝ちゃいました

私もそろそろ寝たいけど、明日のこぎりの本番なんですよね♪
練習もしたい・・・けど、めっちゃ眠い

明日は12:40に苦楽園口集合だから、
とりあえず今夜は寝て、明日朝練習してから行こうっと

では、おやすみなさい〜☆彡





こちらエールフランスの晩御飯♪
で、こっちが朝ごはんです♪
日本に向かってます☆彡
こっちからの図って面白い(^^♪
はい、今回のお土産とプジョーのこ達☆彡





ジャムもいっぱいゲット☆彡これが重いかも?
モンサンのクッキー商人・舞歌です(^^♪
こちらはモノプリのラングドシャ☆彡
こちらはドイツのハリボー☆彡
モノプリのバックもゲットしました☆彡

いざ日本へ♪ 2011年05月27日(金) 

トランクも無事つまり、ここで心配なのは
荷物の重さであります

みんなで持ち合ってはこれは大丈夫とか
これはあかんのちゃう?とか・・・

私のは多分大丈夫ってみんな言うので、
とりあえずは一安心。

昔は30キロだったけど、今は23キロなので、
なかなか厳しいです

さて、今日の朝ごはん
やっぱりフランスパンも食べ納めなのでちょっと食べましたが、
メインはおかゆにしてみました
それとここのふわふわエッグも食べ納めなのでたっぷりと

こっち来てからめっちゃ食べてますが、
めっちゃ動いてるし吹いてもいるから、
ビックリされるでしょうけど、実は痩せた舞歌さんです

このままこっちにいる方が、絶対痩せられるけど、
魔法の時間はそろそろ終わりです
残念だけど、絶対また来ます

エッフェルも昇りたいしね

朝ごはん後は、近くのモノプリにお買い物
買い忘れ、買い足しして、思うけど、
こんなに近くにモノプリがあるってわかってたら、
服とかもこっちで買えたのに・・・

そこはチェックしてなかったわ

美味しそうな食材もいっぱいあるけど、
今回はコントラバス君が手荷物なので、
すごく残念だけど断念。

そもそもトランク23キロじゃ液体系はあんまり買えない。
ので、モンサンのお塩とかもほんとは欲しかったけど、
重いもの厳禁なので、これまた断念・・・。

唯一、最終日にみんなで食べようと買った
ピクルスはそのままお持ち帰りに。。。
これ多分1キロくらいある

こっちのピクルスすっごく好きなんです
ちっちゃいキュウリのピクルス大好き
ほんとはアスパラのも持って帰りたいけど、
液体系はね・・・
機内持ち込みできないし

最後のお買い物も終わり、荷物を預けて
ロビーで何故かサイン会

先日もみんなでサインしたんですが、
書ききれてなかった人がいたり、
漢字希望らしいので再びです。

と、横に大きな黒い物体。。。

これお箏なんですよ
O先生、本当にありがとうございましたm(__)m

あ、余談ですが、お箏は片道3万5000円かかったそうです
もちろん出してもらえますが、海外公演も大変です

さて、専用バスでシャルル・ド・ゴール空港に着いた私達。

ここ、野ウサギが住んでいるで有名な空港だそうで、
途中それらしきものがぴょんぴょんしてましたが、
滑走路の下を車が走ることでも有名で、
ちょうど私達のバスの上を飛行機が降りてきて・・・

いまだー!!ってカメラを出したときには
時すでに遅しで残念でした

しかし、すごい迫力です☆彡

空港では、荷物チェックでどんどんはねられるメンバー。。。
私も例に漏れずで、中を出して手荷物にしなきゃで、
何を出すかで悩み、結局モンサンのクッキーとかを出しました。

これで26キロ弱から19.5キロにダイエット

ちょっと出しすぎちゃいました

行きにこんなことになると思い、最小限に荷物をつめて
念のため水類も2キロ入れて行ったんだけど、
帰りそれが減った分お土産入れる計算でしたが、
意外にいろいろ重いらしく・・・。

吹いた楽譜も向こうの音大に寄付してきたのにね?
おかしなものです

手荷物が増えたのでこっちのチェックも心配でしたが、
クッキーも入ったコントラ袋、「これは楽器です」と申告すると
お姉さん「何ですか?」とフランス語で。
で、「コントラバスフルートですよ」とコンサートの
チラシ見せると「ああ、コントラバスフルートね」と
超ニコニコ顔で通してくれた

ちょっと待って?ほんとに知ってるの?
マニアだな〜と思いつつ無事チェックは終了

空港でワインを3本ゲットして、更に増えた手荷物

真っ先に並んで飛行機乗り込みましたよ

だって、こっちでは上の棚、早い者勝ちで、
全然違う席の人も入れにくるしさ、
ドイツの移動時、上いっつもパンパンで
コントラ君入れるとこなくて困ったもん。
(隙間見つけて無理やり入れたけど・・・)

で、今回は先に入れたMさんと私の荷物で
ほぼ上の棚パンパンになっちゃいましたが、
周りの人が少なめだったので大丈夫でした

さて、いよいよ日本に帰国です
さよならフランス

絶対、絶対また来ます







今日の朝ごはん♪おかゆも食べました(^^♪
コントラバスの中にアメリのポスター4枚入れて(^^♪
朝ごはん後はSちゃんと近くのモノプリへ最後のお買い物(^^♪
これ、欲しい・・・けど重量オーバーなので残念(ToT)/~~~
こちら私達の泊まってたホテルです☆彡





ホテル出発前、ロビーにて(^^♪
先日のコンサートに関係者からサインをもう一度頼まれて、みんなでロビーでサイン会。。。(^^.)漢字希望なんだって☆彡
これなぁんだ?・・・正解はお箏です☆彡
私達の荷物がバスに積み込まれて行きます
運ぶだけで大変なお箏。O先生、本当にありがとうございましたm(__)m

プジョーのこぎりゲット☆彡 2011年05月26日(木) 

モンサンの朝日を見るぞーと5時に目覚め、
準備をしてると、むくっと起きたSちゃん

さっきまで完全に夢の中だったのに、
そこからの目覚め方が尋常じゃなかった

すごい!!完璧に自分をコントロールしてます
旅の最終日程に差し掛かってるというのにお見事です

なんか、Sちゃんのこういうとこ、演奏にもしっかり出てます。
いざというときのしんの強さとコントロール力。。。

朝から妙に感動してしまいました

で、2人でぶらぶら散歩してるとどんどん増えてきて、
みんなで座り込んで朝日を待つことに・・・。

が、しっかし、待てど暮らせど全然朝日が昇る気配がない

「今日はだめかもよ?」とSちゃん。
雨降りそうだし・・・と。

実は昨日の夕日についても
「これで最後で、沈むわ」と予言した志保ちゃん。
えー?もう一回雲割って地平線に沈むんじゃない?と私。

が、しかし、予言どおりほんとにそれを最後に沈んじゃいました。

なんでわかるの?と聞くと、
「うーん?なんとなく?」とSちゃん。。。

今朝も「これ以上は無理だから、雨降りそうだし
寒いし、先にホテル帰ってるね」とSちゃん。
すると、その後すぐにほんとに雨が

SちゃんにはGPS以外に気象予報機能もついてるようです

ほんと、なんでわかるんだろう?

雨は通り雨で、すぐ止んだので、
昨夜食べ損なったレストランで雨宿りして
合流したMさんと再び朝日を粘ることに。。。

で、粘った結果がこれです。。。

うーーーーん?朝日?ってことにして〜
(ガイドさんは5:30頃日の出って言ってたけど、
この時点で6:50頃かな?)
頑張ったから、お願いっ!!

で、ホテルに戻ると朝ごはん
Sちゃんやみんなと一緒に昨夜食べ損なった分
完全に取り戻して、山盛り食べました

で、一旦お部屋に戻った後、
またまたモンサンへテクテク。。。

今日はお土産を探しに行くのです

私はモンサン名物のビスケットを買うつもりでしたが、
今回、手荷物もトランクも厳しいので、
小さいのがたくさん欲しくて、
モンサンに向かう途中に寄ったSAで
6枚入った小さいのがあったので、
それを帰りも寄るとかけてモンサンでは違うものを。。。

と、ここで、昨日寄った修道院の出口にあった
お土産屋さんに寄りたいとKさん。

うーーーん、チケットないからこっちから入れないかもよと私。

・・・で、裏道行くことにしました。
これは怒られちゃうからマル秘で。

とりあえず、無事お土産屋さんに侵入できた私達。
今度はKさんの欲しい商品がパックされてるのがなくて、
見本だけなので掛け合うことに・・・。

結局、在庫がないので、見本をつつんでもらうことになって、
「プチプチパッキンでつつんでください」と怪しげなフランス語。。。

無事通じて、つつんでもらえて、kさんも
「(息子が)喜ぶわ〜」とニコニコ顔

えがったえがったです

また雨が降ってきたので、自由時間を早めに切り上げ、
みんなで昨日食べ損なったレストランへリベンジです

昨日のお兄さんもいて、快く8名分のテーブルを用意してくれて、
これがモンサンを窓ごしに見える特等席

しかもみんながモンサン見れるようにセッティングしてくれました

お昼はオードブルとメインのコース

私は貝の盛り合わせと子羊のモンサン仕立てにしました

ここは日本人にはかなりお勧め
日本語メニューもあるし、お味も舌に合うと思いますよ

見た目も味も満足で、とってもゆったりと過ごせて超満足
是非、また来たいレストランでした

ホテルに戻って、全員点呼してまたバスへ

パリに戻ります。
今夜はパリ最後の夜☆彡
明日は日本に帰ります

そう考えるとあっという間で、もっともっとパリにいたい

いくちゃん(母)、紫音、わらちゃんのことも気になるけど、
こっちにいるとほんとに自分のペースでいれるから、
それが当たり前になっちゃいけないかもだけど、
自由でのびのびしてて、音楽だけに浸ってられて、
絵画や美術、そして、ヨーロッパの生活・・・
教会が生活の中にあって、大きな木が木陰を作って、
木漏れ日の中、外にテーブルや椅子をだして、
お茶をしたり、鳥の声を聞きながら本を読んだり、
風を感じて、光を感じて、大地を感じて、生きてるって感じて、
全てが調和してる感じ。。。

なんだろう?
学生時代は留学もしたいと思ったこと全然ないのに、
日本が一番いいって思ってたのに、
最近生まれてくるところほんとはこっちだった?とか
思っちゃったり。。。

体格も170あるのでこっちの人と平気で
肩並べられるし、イタリアは怖かったけど、
ドイツ、フランスは全然OK。

特に今回はちょびっとだけフランス語できたから、
あまり困らず動けたからか、なんか日本と変わらず、
それ以上に自由な感じで・・・。

やっぱり産まれる前こっちにいたからなんかな?

ご飯も美味しいし、チーズもパンも大好きだし。。。

正直、このまま住んじゃいたいくらい

そしたらもっと語学もしゃべるようになるんだろうな〜。
使わないとほんとしゃべれないもの
すぐ忘れるしさ。。。

だけど、観光と住むは全然違うのもわかってるし、
住んで生活することは、つまり職がいるわけで
その辺の厳しさもわかってる。
失業者の多いフランスで職を求めて残ろうとする
外人にはやっぱり風当たりがきついと言うし、
そりやそうだわなと思う。

観光ならお金を落としてくれる人だけど、
そこの人になるというのは難しい問題がいっぱいあるわけで・・・。

工藤先生のように成功される方もいらっしゃるから
思う力と努力次第だけどね。

とりあえず、私は日本に戻らなきゃ
待ってる人もいるし、発表会もあるし

なんていろいろ考えながら寝てたバスも
パリに戻ってきて・・・セーヌ沿いを走ってると
ガイドさんが「右手に見えますのは自由の女神です」と

ハイ?
ここどこやねん?と突っ込みたくなりながら
シャッター切ってました

ということで、エッフェル塔と自由の女神のコラボであります

走ってるバスの中からガラス越しなんで
わかりにくいけどわかるかな?

で、オペラ座前に帰ってきたバス。
オペラ座前に座ってカメラ撮ってるI君とH君と合流

I君、なんと!プジョーののこぎり見つけてくれたんです

パリ初日にBHVで見つけられず「ない」と言われたプジョーのこ。

パリに向かうバスの中IさんにI君からメールがきて
SAでIさんが電話つないでくれて、
「今プジョーショップで見つけたんですけど、どれがいります?」って

わざわざプジョーショップに寄ってくださったそうで
本当に感謝感謝です
I君、一生恩にきますm(__)m

で、サイズや材質はI君にお任せして、
オペラ座で受け渡ししてもらうことに

いや〜、も〜!!感動のプジョー君です

「チタンもあったんですけど、硬くて曲げにくそうだったので
こっちにしておきました。」とI君
さすが!よくわかってくれてます
ほんまにありがとう〜

これでパリの夢が一つ叶いました

帰りはみんなでエッフェル塔へ
待ち時間を利用して食べるために
サブウェイに寄って晩御飯もゲット☆彡

食べながら並んでいてハッと気づいた私。

確か、エッフェル塔は最上階に昇るのに
刃物厳禁だった気が・・・

すでに一つ目の荷物チェックは何故か通っちゃってましたが、
次は機械だから絶対アウトだし、のこぎり2本も持ってたら
絶対怪しい人扱いされるし、のこぎり没収される!!

I君がわざわざまわってまで買いに行ってくれた
プジョーのこをこんなとこで没収されてたまるか〜!!
ってことで、みんなはとりあえずチェックのとこまで並んでみたら?
って言ってくれたけど、没収のが嫌だったので、
途中で脱走して、観光しながらホテルを目指すことにしました

私はパリっ子(と思うことに)なんで、一人でも全然平気なので、
ぶらぶら回りつつ、シャンゼリゼで夜遊びも考えたのですが
モンサンのお泊り荷物の重さに負けて割りとおとなしくホテルへ。

チェックインして気づく。
あ、私の荷物カード、Sちゃんが持ってたんだった

で、またできないフランス語で友達がカード持ってるけど、
私の荷物出したいと言ってみたら、
電話で係りのお兄さん呼んでくれて、荷物出させてくれました。

えへ。なんとか通じてます

で、お風呂ためてSちゃんから連絡あってもいいように
メール入れた後、横に電話置いてゆっくりとくつろぎタイム

お湯がためれるってほんとありがたいです

そいや、留学組はお風呂ためれるとこほとんどないから
日本に帰るたびに温泉を楽しみにしてますね

ヨーロッパに住みたいけど、お風呂はやっぱ日本がいいな
ってことはやっぱり日本人なんだ

お風呂上がって荷物整理してると
Sちゃん無事帰宅。

エッフェルの最上階は寒かったらしく
「お風呂ためといたよ」(もちろんためなおしてますよ
って言うと大喜び〜

Sちゃんも「舞歌さんに写真撮ってきたよ」とカメラ。
とっても綺麗な夜景☆彡
Sちゃんの旦那様のカメラなんだそうですが、
これ夜景とかめっちゃ綺麗に撮れる

イタリアでカメラ盗られてから、
普段のカメラは簡単なのでって思ってたけど、
いい写真見るといいカメラ欲しくなるね

写真もいつかちゃんと習いたいと思うのですが、
私の写真はまず焼かないから、
ブログやスライドショー用なら
やっぱこれでいいのかな?

ちなみに今回今日まで大体5500枚くらい撮ったかな?

ブログには一日10枚しか載せれないから残念

あー、明日は帰っちゃうのか〜
やっぱ、もうちょっといたいなぁ〜

あ、でも、ちよっとだけ帰りたい理由も。。。

実はフランスパンの食べすぎで
口の中の上のほうが擦り傷だらけなんです

だって、フランスパン、美味しいし、毎日必ずあるし。
だけど野菜は少ないし、外はパリッとしてるし・・・。
そのパリパリ部分がチーズやハムでは水分ないから
パリパリのままお口の中で砕けてあたるので、
パリ6日目ともなると、口の中は大惨事

それ、舞歌さんが食べ過ぎなんちゃう?と言ったあなた
私だけじゃないもん!!みんな言ってるもん

なので、パリに行ったらフランスパンには気をつけて

ホテルにはおかゆもあったんだけど、
やっぱりフランスパン美味しくて・・・

きっと明日も食べちゃうんだろうなフランスパン

ということで、食べ過ぎない日本に戻りますね





ただ今朝の5時半。。。みんなで朝日を待ってます(^^♪
まだ薄暗いけどモンサンははっきり見えます
んー?朝日?この日は雨だったので粘ってこれが限界でした(^_^.)朝日ってことで(^^♪
一雨降った後のホテル♪こに泊まりましたよ(^^♪
朝ごはん後再びモンサンへ♪羊に注意っ☆彡





風にも負けずクリスタルフルートを吹きます♪
こちらはお昼♪モンサン仕立ての子羊のお肉☆彡すっごく美味しかったよん(^^♪向こうに本物のモンサンも見えます☆彡
パリに帰ってきました。バスの中から一枚。自由の女神とエッフェル塔☆彡
オペラ座の前でI君と♪なんと!あのプジョーのこぎりをゲットしてくれました!!I君、本当にありがとう〜(^^♪
夜のエッフェル塔前でみんなで☆彡

モンサンで食いっぱぐれるの巻☆彡 2011年05月25日(水) 

昨日・・・いや、朝3時半なら今朝かしら?

昨日の本番後の打ち上げが12時半位まであって
ホテルに帰ってきたのも遅くて、お風呂入ってから、
今朝の3:30まで荷物をつめてた私達。。。

出発が早いので朝5時半にホテルのフロントに
朝ごはんを取りにいかなゃならなくて、
モンサンへのバスの中での飲食が禁止だから
ホテルのチェック・アウトまでに食べなきゃで
寝たと思ったら起きた仮眠状態で
ふらふらとフロントへ

いちおフランス語で「朝ごはん下さい」って言ってみるものの
「はいはい」と全部英語で帰ってくる。。。

でもってまだ準備中のSちゃんと私のトランクを
バゲット・ルームに預けて部屋に戻って、
朝ごはんの袋を開けてビックリ

パンが2個とりんご丸々1個とジュース

う・・・ん。字にするとたいしたことないけど、
丸々1個のりんごは結構衝撃でした

朝の5時半から丸々1個の皮付きりんごを
剥かずには私、食べれないかも・・・

(実は、この後、この丸々1個のりんごに
感謝することになるんだけどね・・・)

とりあえず、ジュースとパンを食べて6時半に下へ。

気がついたらH先生からモンサンチームの引率を
任命されてて、朝の集合から全員揃って行く事に

おーっと、今朝はオペラまでは各自で行くと思ってました

で、まだ集まらないメンバーのお部屋に
フロントから電話かけたりしながら・・・。

計19名もいると動くだけで大変!!
しかも次に乗るバスは私達の専用バスじゃないから、
間に合わなかったら全員置いていかれて、
今夜は宿無しになってしまうので、責任重大

任命されたのがさっきなので、とりあえず、
必死で点呼と連絡取りながらなんとか無事全員バスへ

まずは乗れてよかったとほっとしたんだけど、
このバスに間に合わなかった2名は
ほんとに置いていかれちゃいました。。。
どうなったのかな〜?気になります

で、バスの中、連日の疲れからか、みんな超爆睡

そりゃ、そーですね
毎日めっちゃ遊んで、めっちゃ練習して、本番も続くし

私もぐっすり夢の中。。。
ここで寝れるのはわかってたので、
睡眠削って荷物頑張って整理したんだもん。

コンサートで頂いたお花もちゃんとトランクに入れたし
ただ、Sちゃんのタオルに水分含ませてってのが心配。
いっそドライフラワーにしたほうが持つ気がするんだけどな・・・。
ま、帰ってきてからまた相談しよっと。

いっぱい寝た後、「あっ、モンサンだ」って声で目覚め、
寝ぼけ眼でカメラを望遠にしてカシャリ☆彡

寝起きで走ってるバスの中から撮った割には
牛も入ってて、まさに奇跡の一枚?

しっかし、パリと違ってすごい視野広いっ!!

う〜ん、のんびりできそうです

モンサン到着後は、まずはお昼ご飯

モンサン名物のビスケットを試食したあと、
上に上がりモンサン名物のオムレツが
前菜に出てくるお昼のコースを頂きました

オムレツのお味ですか?

ここだけの話よ〜

確かにふわふわで美味しいっちゃ美味しいけど、それは昔の話で、
今はもっと美味しいオムレツが作れちゃうじゃない?
そういう意味では、昔は美味しかったんだろうな〜でした

ホテルで散々美味しいふわふわオムレツ食べまくってたので
感想としては逆にしょぼくてすみません

でも、モンサンに来たら一度は食べてみて。
その当時を振り返ることができますよ

豚肉のメイン料理はお肉がもう少しジューシーな方が
私は好きだけど、ソースが調和してくれるからこれもありかな?

デザートのケーキは文句なしに美味しかったです

食後は修道院をガイドさん付で巡りましたが、
ここで解説付きガイドツアーに参加予定の方に
ワンポイントアドバイス?

ガイドさんが回る前にイヤホンをくれるのですが、
これはガイドさんのマイクと無線でつながってて、
大人数でも移動してても、ちゃんと説明が聞けるようになってますが、
角を曲がったり、階段下りたりするときに
電波の加減で時々聞こえなくなっちゃいます。

ので、ちゃんと説明が聞きたい方は、
ガイドさんからなるべく離れないように頑張ってください

修道院は見所も多かったですが、
本当に信仰心が強くないとここでの生活は大変。
私には無理だなぁ〜としみじみ。。。

修道院ツアー後はみんなでバスでホテルに着いたんだけど、
当然ガイドはここからいないので、みんなのチェックインも私が。。。

しかし、なんかフランス語が途中からうまく伝わらなくて・・・。
ガイド付きのツアーかを聞いてきたりするんだけど、
その後何言ってるかわかんなくて・・・。
(っていうか、何でガイドつきか聞いてるんだ?)
バウチャーの元はないのかとかいろいろ。。。

英語の達者なMさん、Oさんに助けてもらって
無事全員のチェック・インが済み、後は明日の集合まで自由

内線のかけかたがわからないというので、
調べて各部屋に連絡入れたあと、
まずはお買い物に行こうと、
すぐそばのスーパーまでお出かけした私達

横にカフェがあって、お茶とケーキに魅かれて
早速寄り道

うーん、ほっこりします

で、かなりのんびりした後、スーパーに行ったら、
食品はもちろん、お土産や洋服や雑貨もあって
みんな買い物熱に火がついちゃって

私もあのカマンベールにすごくひかれたのですが、
さすがにあんなにたくさんは食べれないしね・・・と断念。

お買い物後は、ハリボをパクパク食べて、
私が日本から持ってきたスルメコンブそうめんも完食して、
あまりの眠さにとりあえず、ちょっとだけ寝ようとSちゃんと爆睡

S先生からの電話で飛び起きて、
「今夜どうするの?」と聞かれ、
「行きます。9時に下で」とかなり寝ぼけてるのに宣言。

こっちのレストランは9時までが多いので、
スーパーも確か8時に閉まっちゃったはずなので、
この時点で食いっぱぐれは決定なのですが、
とりあえず夜のモンサンを観にいこうとみんなでゾロゾロ。。。

夜9時だというのに、日本の6時くらいな感じ。。。

これからまさに夕暮れが始まります

地平線に沈んでいく夕日ってそうそう見れないですものね。
久しぶりに心があらわれるようでした

そして、夕暮れで日が沈んでからが、
なかなか暗くならない

夜のライトアップも見たかったので、
みんなでモンサンまでずっと歩いて、
10時回ったくらいからかな?

やっと少しずつライトアップが始まり・・・

夕暮れも、夜のライトアップされたモンサンも、
本当に幻想的で、この景色を観に来れただけで満足

寒くなってきたのでホテルに向かって戻ってると、
「ここレストラン、24時間やってるって書いてある」とMさん達。

ほんとだー!!ということで、寒くてホテルに
帰っちゃったメンバーも呼び出してみんなでご飯食べることに。。。

「よかったねー」と言いながら、中に入ると
「どうされました?」とムッシュー

「8人ですがテーブルお願いできますか?」と聞くと、
「すみません。11時までに入って頂けたら大丈夫だったのですが」と。

つまり、12時までレストランはやっているが、
11時までに誰も入ってこなかったから、もう閉めたよって

えーーーーー!!
レストランの前でどうするとか電話してる間に
11時回ってて、先に一人でも入ってたら、
みんな入れたのにねととても残念

結局、今夜は食いっぱぐれです

で、どうする?って話してしてて、
みんな何かしら非常食や今日スーパーで買ったものがあるから
おのおのそれで過ごすことに・・・

目覚めたときに晩御飯はもうだめだってわかってたけど、
24時まで開いてるレストラン見つけてからは
すっかり食べるモードになってたので
なんとなく、ひもじい・・・

トホホです。。。

で、みんなで他のお店もあたってみたけど、
今からはもう入れないってとこや閉まってたりで・・・。
モンサン行くときはガイドブックにも書いてますが、
夕食は8:30位までにお店に入ってくださいね

バーなら開いてるかな?なんて思ってたけど、
夏場以外は難しいようです

部屋に帰って、朝もらったりんごに感謝することになるわけですが、
ほんとりんごあってよかった

でもね、負け惜しみじゃないけど、
こうして食いっぱぐれるのも
また旅の思い出で楽しい

どうせ毎日食べすぎなくらい食べてますから、
こういう休胃日があってもいいかなと

数時間後にはまた朝ごはんだし

今日は久々にゆっくり過ごせて、
美しい景色をたくさん見れて幸せでした

さぁ、明日は朝日を見に朝5時過ぎ頃出発です
(結局ハードですが

おやすみなさい〜






走ってるバスからの奇跡の一枚☆彡超望遠で慌てて切ったのにちゃんと牛も入ってた(^^♪
こちらもバスの中から。。。だいぶ近づいてきました(^^♪
転がってるのは羊じゃないよ(^^♪
モンサン名物のビスケット☆彡いろいろありますね〜
同じく名物のオムレツ☆彡オムレツはモンサン発祥なんだって(^^♪





こちらはメイン☆彡豚肉料理らしいです。モンサン仕立てなのかな?
で、デザートです♪
修道女さんが降りてこられました
私達の泊まったメルキュール・モンサンミッシェル・ホテルです。枕元にモンサンが☆彡
夕焼けが美しいです(^^♪

やっぱり弾丸ツアーかしら? 2011年05月24日(火) 

昨日は結局ルーブルで、早くも別行動にさせてもらったので
今日はオルセーまでは、みんなで一緒に行って、
その後は、それぞれで別行動で〜ってことで、
朝食後は、メトロでまずレオミュールセパストポールへ

乗り換えてサン・ジェルマン・デ・プレで降りて
まずはサン・ジェルマン・デ・プレ教会へ

ここ、パリ最古の教会で、543年からずっとここにあるんだって。
ロマネスク様式とゴシック様式が融合してて面白いですよね
中に展示してある写真の中に気になるものを見つけました。

これはいつのでしょう?まさかフランス革命?
なんか周りの塀のようなものが倒れて
そこに鳩がとまっています。

とても意味深ですね

1500年ほど前の建物がこうして修復されつつも
残っているって本当に素晴らしいことですね

さて、この教会出てすぐと言うのに舞歌さん、
「ちょっと寄りたいところが・・・」

実はこのそばのサン・シュルピス教会にも行きたかったんです

映画「ダヴィンチ・コード」の舞台にもなった教会で、
近くにあるので後で時間があったら一人で来ようと思ってたけど、
先にオルセー寄るなら、今の方がルートに無駄がないし・・・。

で、みんなもいいよって言ってくれたので
ぞろぞろとでかけたのですが、
この教会、思いのほか大きくて見ごたえがあり、
みんなが喜んでくれたのでよかった

ちょっとマニアックかなと思ってたのですが、
教会としてもとても迫力があったようで、
お写真タイムにも熱が入っててホッとしました

こっちきてから行きたいとこだらけで、
私、わがままばっかり言ってるからね
いちお連れて行くのに気を使ってます

サン・シュルピス教会は1646〜1780年に
6人の建築家によって建てられた教会で、
右側の礼拝堂のドラクロワ作のフレスコ画が圧巻です

教会前にある広場のヴィスコンティ作
『4人の枢機卿の噴水』もしっかり写真に収めてきました

なのに、肝心のローズラインを撮るの忘れた私。。。
今度パリに来たら一人でまたゆっくり観にこよっと

教会めぐりの後は、セーヌ沿いにオルセーまで歩いて、
工事中のオルセーの入り口に行くとものすごい人!!!

さすが、今日はルーブルもオランジュリーも休みだもんね

できないフランス語を駆使して、パス用入り口あるか聞いたら
こっちと言うので行ったら少しだけ短い列に並べたけど、
やっぱり今日は多いと思う。。。

オルセーは手荷物チェックもあるから余計詰まるんだけどね。

あ、ちなみに中は写真撮影一切禁止でした

やっと本来の「レンズを通さず、自分の目と心に焼き付ける」
そんな自然な鑑賞方法で絵画や彫刻を観ることができて
そうそう、こうでないとほんとはダメよね〜って思いつつ・・・。

この日、実はマネ展をやってて、笛を吹く少年も
オランピアもみんなあっちに出張してて、
同じ館内なのに、マネ展に入らないと観れなくて、
かつ、そのマネ展の行列がすごいことに

あまりに長くてへこたれ、せっかくのオルセーですが、
マネ展はあきらめました

オランピア、観たかったなぁ〜
草上の昼食も観たかったなぁ〜

この日見れた有名どころは、
ルノワールのムーラン・ドゥ・ラ・ギャレット、
ミレーの落穂拾い、ゴッホのオーヴェルの教会、
アングルの泉、ドガの踊り子とかでした。

うーん、時間があれば、ほんとマネ展に入りたかったなぁ〜

で、せめて中でお茶しよって言ってたんだけど、
これまたすごい人で断念

で、みんなはサン・ジェルマンまで戻って、お茶するらしいので、
予定通りここで解散させてもらって、私はそのままロダン美術館へ

今日もMさんは弾丸ツアーに参加です

ロダン美術館は1917年にロダンが晩年を過ごした
ビロン館を美術館にしたもので、ここに来る前に
みんながロダンの考える人や地獄の門は
あっちこっちで観るけど、どれが本物だ?って話してたんだけど、
このサイズのブロンズ像を造るときには
鋳型を使うので考える人単体で考えたら、
このパリのも東京のも世界のあちこちにある考える人は
同じ鋳型からとったものなら本物なんだって

ロダンの弟子というか愛人のカミーユ・クローデルの作品もあって、
まずお庭がとてもきれいでバラが咲きほこっていて、
今日もいいお天気だったから本当に気持ちよかったです

ちなみにロダンもミュージアムパス優先でしたよ

次はアンヴァリッド
ナポレオンが眠るドーム教会を巡り、
グラン・パレ、プチ・パレに寄って、そのままエリゼ宮へ

・・・のはずが、プチ・パレを出てから
なんとなく歩いてたらなんと反対方向へ

またしてもアンヴァリッドにきちゃいました

でも、アンヴァリッドの反対側では、
芝生の上で新郎新婦が写真撮影するほど
美しい芝生がずっとはられていて、
思わず寝転がってアンヴァリッドを背に写真撮ったり

エリゼ宮はどうせ中は見れないので、
別の日にすでに見ているので、負け惜しみじゃないけど、
こっちに来たのも案外間違ってなかったかもね

あ、そうそう!!
ちゃんとヴァレンヌ先生と同じ名前の駅で
写真も撮ってきましたよ

ヴァレンヌ→アンヴァリッド、
アンヴァリッド→リシュリー・ドゥルーオー

はい
今度は行きたかったけど時間がないからと
半分あきらめかけてたパッサージュ巡りです

パッサージュは日本で言うとこの「アーケードつき商店街」
商店街っていうと聞こえがいいのか悪いのかですが、
19世紀に流行ったガラス屋根つきの小さな通りで
カフェや本屋、雑貨店等々いろんなお店が並んでて、
お店の上はつながってて、本当に市民の方が生活してるの

地下通路もあったりするんだって
一般には通れないけどね

前にNHKでパッサージュの特集をしてて
ちょうどパリに来る前だったので、
できることなら行きたいとチェックしてたんです

まさにテレビで紹介してたホテルや本屋のある
パッサージュ・ジュフロワ、パッサージュ・ヴェルドー、
パッサージュ・デ・パノラマの三つのパッサージュを見て、
カフェでティタイム

はリキュールがしみてて大人の味
紅茶もインドの香りがしてほんと絶品でした

今日もサン・ジェルマン・デ・プレ教会、サン・シュルピス教会、
オルセー美術館、ロダン美術館、アンヴァリッド、ドーム教会、
グラン・パレ、プチ・パレ、再びアンヴァリッド、3つのパッサージュ
・・・とたくさん回ったけど、いや〜、なんとも充実であります

今回は自由時間があまりないと心配してたけど、
多分行きたかったところはほぼ全制覇です

今度来るときはダリ美術館とかモンマルトルを回りたいかな

さて、今日は本番なので早めにホテルに戻り準備。
Sちゃんはまだだったので、ちょっと軽くシャワー浴びて。
なにしろ、パリは毎日ほんと暑くって・・・

朝晩はちょうどいいのにね

毎日日焼け止め塗ってるけど、
それでも焼けていってます

なんせいっぱい歩いてるんで

私達の帰還30分後に、Sちゃんも無事帰還。

今日はいいお買い物ができたそうです

私はコントラがない分(ホールの楽器庫にお泊りしたので)
パリの友達とお茶してるAさんの楽器とドレスを一緒に持って
いざ、マルゼルブへ

今日のコンサートはゲネなしなので、
早めに楽屋入って音だし♪

しっかり遊んだ手前、絶対いい演奏するのだ

よく遊び、よく食べ、よく吹く!!

これ、私のモットーね

で、本番♪いや〜、ほんま楽しかったわぁ
コントラ君もよく鳴ってくれたし、
篠笛顔負けのI君ソロに負けじと、
面白く楽しくをモットーに頑張ってきました

自分で言うのもなんですが、トータルして
ほんといい演奏だったと思います

なので打ち上げも終始ご機嫌です
みんなお酒もピザも進む!進む〜!!

ソリストの工藤先生にクリスタルフルートを見せたら
吹いてみてくださって
初めてだったらしいですが、綺麗な音色でしたよ

工藤先生の奥様もお嬢様もモデルばりに綺麗で、
いつも美しいものに囲まれてるから、そういう音がするのかしら?

帰り、奥様とお話してたら、やっぱりお嬢様は
モデルされてるんだって
道理で見事なプロポーションとウオーキングだと思いました
立ち振る舞いが優雅で洗練されてますもの

ピザ食べてる場合じゃないな・・・私

しかも、演奏会が8時からだから、
打ち上げも夜10半からで12時半までやってたし・・・

パリのメトロよ、何故1時半まで動いているのだね?

そんな訳で、真夜中にホテルに帰り、
まずコントラとお箏をS先生のお部屋に。。。

そう、私達は明日と明後日、
モンサンミッシェルに逃亡するのです

なので、トランクはホテルで預かっていただけるのですが、
楽器は怖いので、先生が管理してくださることに。

身軽になった私、明日の荷造りを今からします
モンサンの一泊二日分だけの荷造りです。

が、今日来たドレスや、コンサートでもらったお花をどうするか?
等々、悩みどころ満載であります。

ドレスは風を通しておきたいが、しまうのを忘れたら大変とか、
モンサンに花は連れて行けないし、どこに預ける?とか・・・。

えーっと、ちなみに今は夜中の二時半です

ガ、ガンバリマス!!






蔦につつまれたサン・ジェルマン・デ・プレ教会♪
中にはこんな写真が展示されてました
こちらはダヴィンチ・コードにも登場したサン・シュルピス教会☆彡
はい、これが映画に出てたオベリスクです☆彡
オルセー美術館の前のサイです☆彡息遣いが聞こえてきそう





ロダン美術館の考える人☆彡
こちらは地獄の門。。。
パッサージュのカフェて゛ティータイム☆彡
本番後の打ち上げ風景☆彡
工藤重典先生がクリスタルフルートに初挑戦☆彡

パリでも弾丸ツアー☆彡 2011年05月23日(月) 

さてさて、パリも、はや3日目です

今夜は6時からサル・コルトーで練習があるので
一旦ホテルに帰り、各自練習してから移動なので
自由な時間は、ほぼ3時くらいまで?

ホテルに4時には戻って準備したいなと
朝からどう回るか?Sちゃんと相談。

予定では、ノートルダム→ルーブル→オランジュリー→ご飯?
って感じだったんだけど・・・。
(↑これはもう少しあとで・・・また書きます

とりあえず、6時半に朝ごはん集合して、
8時前にホテルを出発した私達

メトロでベコン→レオミュール・セパストポール
→シテと移動し、まずは予定通りノートルダム寺院に

フェスがあるということで、入り口に鉄骨組んでて
写真を撮るにはちょっと邪魔な感じでしたが、
それもまた味ということで

中のパイプオルガンも見ごたえあります
(そいや、昨日、ラッキーにもパリに来て
早々にチャペルでオルガン聴けました♪
ちょうど、日曜ミサをやってたみたいで、
運がよかったのですが、今日は月曜日だし
まだ時間が早いのでとても静かな教会内を
ゆったりとまわらせていただきました。)

こんなとこで演奏できたら絶対楽しいよね
いつかのこぎりで演奏したいなぁ〜

笛じゃないんかい?と突っ込まれそうですが、
フルートは何回かチャペルでやってるから
なんとなく想像できるじゃない?

上にあがった音がぐるっと回ってまた帰ってくる感じ、
のこぎりだったらどんなでしょうね

シテからはシャトレ→パレ・ロワイヤル・ミュゼ・デュ・ルーブルへ。
みんなでルーブル美術館へ行くはずが、
朝のラッシュに巻き込まれ、まず私とMさんが乗れて次の駅に。
次にSちゃんとAさんが来たんだけど、
それでも乗り切れなかったSNさん。

こんなに混むとはね〜
皆様もルーブル行くときは時間に気をつけてね。

今日はオルセー休みだから混むかなと思ってたけど
メトロから、乗れないくらい混むとは思いませんでした

みんなが到着するまでにルーブルの
パッサージュからの入り口をチェック

到着してからみんなでそこに並んだんだけど、
Sちゃんが他にパス優先入り口があるはずだと
ギリギリまで探してくれて・・・。

結局見つからなかったというか、並んでるほうが早かったので
それで入っちゃったのですが、ほかに入り口あったのかな〜?
私達は地下の入り口から入ったんだけど、
私はそれがパス優先入り口と思ってたのですが、
地図に強いSちゃん曰く、それは反対側らしく・・・?

ま、とりあえず入れたからいいんだけどね

で、入ってからも一悶着で、地図どおり歩いてるはずが
インフォメーションでマップ&パンフもらったのに
エスカレーター登って即効わからなくなり、
私は右と思ったんだけど、左というので
以前来た人のほうが確実なのでその通りに
みんなで動いて回ってたら完全に反対方向へ

途中でMさんが方向違うの気づいてくれて、
ハムラビ法典に無事着いて、やっと軌道修正できたんだけど
ミロにいこうとしてまた・・・。

なにせ広いルーブル、5人もいると意見がまとまらず、
私とMさんはこっちと思った方向が、
「違うと思う」と珍しくSちゃんと意見があわず、
(というかいつもなら私が後をついていくパターンなんだけど)
地図確認後、「じゃとりあえず行ってみよう」とそれぞれに動いたら、
気がつくと後ろに3人いなくて・・・

で、どうやらこっち組があってたみたいで、
無事ミロ前に着いた私達にSちゃんから電話

「今どこ?」
ま「ミロの前」
「こっちはまだどこかわからなくて」
ま「だからさっきのとこ下だって」
「下ってどこ?」

うーーーーん、その説明は難しい・・・。
っていうか、あなた達がどこにいてるのか説明して〜
今どこ?それを地図で見つけるのがまた大変。。。

さらにここいちお美術館だからさ、携帯まずいやん。。。
っていろいろ思って動いてたら、偶然角曲がったとこに
座り込んでる3人を発見

この調子でみんなでルーブル回ってたら
午前中いっぱいかかっちゃう〜

そうでなくても朝の出発から、もうだいぶ遅れ遅れで
ここまでで約一時間くらい予定よりはみ出てるので
「ここでいっぺん解散さしてもらっていい?」と私。。。

Sちゃんは基本地図強いし、海外慣れてるから
ほっといても大丈夫だし、Aさんもフランス語やってたから
大丈夫だし、5人で動くより絶対軽快だからな〜と私。。。

冷たいようですが、このああでもないとかこうでもないとか
「待つ」っていうことにイライラきてしまったもので、
一人で行動させて〜と。。。

もめてる時間がもったいないし、
自分一人なら間違っても自分の責任で
お互い嫌な思いしないで済むし。

それに今日は絶対サント・シャペル行きたいのに
これじゃあ、午前はルーブルで終わっちゃうもん。。。

パリは次いつ来れるかわかんないし、
行っておきたいところだらけだから、
今回はごめんと私。。。

わがまま通させてもらったけど、
「いいよ〜」とSちゃんも快諾してくれたので、
そのままMさんと別行動〜。

一階の彫刻から始まり、ハムラビ→ミロのビーナスと進み、
ダイナミックで存在感のあるサモトラケのニケに感動し、
グランド・オダリスク、ナポレオン一世の戴冠式・・・etc。

ガラスに入ったちっちゃいちっちゃい「モナ・リザ」に
ガラスが邪魔でちゃんと鑑賞できないね〜と
少しがっかりしつつもなんだかんだといろいろ観ても、
10時半頃には主な作品を回り終わり、ピラミッドの前で
偶然再会したOさん、Iさん達と記念撮影

「早速振り切ってしまってん・・・。」と私。。。

個人行動の反省はしてるのですが、
「やっぱり団体は多くても4人までですね〜」って言葉に、
「やっぱそうだよね〜」と私。。。

目的が一つか二つなら、またはペースが一緒なら
一緒に回ることが可能だけど、多分私の回りたいとこは
ありすぎて・・・多分、多分だけど、
ついてくるのハードだと思うんよね

ほんとはあまりよくない行動だけど、
弾丸ツアーを決行することに・・・。

ついてきたいと言ってくれたMさんに
「めっちゃ歩くけど大丈夫?」と私。。。
「いいよ」とMさん。

ま、運動靴はいてはるし大丈夫ね

そのままルーブルからチュイルリー公園を散策して、
白襟鳩と戯れたり、エッフェルを手に
乗っけて写真撮ったりしつつオランジュリーへ

ここでも荷物チェックあり。
すぐ済むけどね

モネの睡蓮に囲まれて、ゆったり過ごした後、
地下のルノワールを観てるとH先生とバッタリ

今日はオルセー閉まってるし、演奏会スケジュールは
みんな一緒なので、今日、明日は美術館めぐりのメンバーが多く
広いようで狭いパリ・・・歩けばあうろすメンバーに会うようです

オランジュリーの後はコンコルド広場を抜けて、
メトロでコンコルド→シャトレ→シテへ

シテ島のサント・シャペルに行ったのですが、
これまたすごい人人人!!!

やっぱり朝から来なきゃだったかもです
長ーーーーーい行列に、「あ〜あ」と言いながら並んでると
後ろのお二人も日本人さん。

とても笑顔の素敵なご夫妻で、
北海道からいらしたんですって

なぜか「のこぎり」話にも花が咲き?
いろいろお話してたから、あっという間の小一時間でした

サント・シャペルの中は一階の礼拝堂も美しいけど、
二階のステンドグラスが、もー!!すごくって

360度どこを見てもステンドグラス☆彡
光の洪水の中、一日がここで終わってもいいくらいの
満足感に浸ってました

こんな美しい空間が世の中にあるんですね〜

丸一日、ここで日が移り変わるのを見ていたいくらい。。。

一日いたら、きっと、差し込む角度で色が変わっていきますよ



しばらく椅子に座ってのんびり過ごした後、となりの裁判所へ

裁判官と一緒に歩きながらちょっとフランス語講座

次の目的地はマドレーヌ寺院なので、
シテ→シャトレ→マドレーヌへ

と、シテに滑り込んできたメトロに慌てて飛び乗った私。。。

気がつくと、そばにいた女の子2人が、1人は私のカバンにタッチ。
もう1人は私の腕に腕をからませて「仲良し〜」ってしてきました

これは!と慌てて腕払って、女の子の手どけて
Mさんが大丈夫か見たら、これまた4人くらいに囲まれてるの

「Mさん、こっち」って手を伸ばしたら、
負けずに4本くらい手が伸びてきて、
Mさんと私をさえぎろうとするので
パンパンと手を全部払ってMさんの手をひっぱって
隣の車両?に移動しました。

結局、この時は被害はなかったのですが、
別のアンサンブル・メンバーも囲まれたそうです。

今日はどうしても観光客が集まりやすくなりますからね。
日本人は特に狙われるので気をつけて。

小さい女の子でも、いくら外人で可愛くっても
油断は禁物です

シテ島からのメトロもだけど、一号線、そして、
混んでる車内や、電車が来たからといって
慌てて飛び乗るときは、まわりに要注意です

もちろん、それ以外も。。。

気をつけなきゃねと話しつつ、
花でいっぱいのマドレーヌ寺院へ

昨日ポント=コンボー市の子ども達にもらったチョコと
Sちゃんにもらったチョコで花壇に座ってお茶した後、
またまたメトロでサン・ラザール駅へ

世界でも珍しいくらい楽器店と楽譜店が
ひしめいてると言うローム通り(ローマ通り)へ

プジョーののこぎりをみつけたいのもあったんだけど、
そんなにひしめいてるローム通りがどんなとこかを見てみたくて

ここすごかったですよ〜

ほんとに「犬も歩けば楽器店にぶち当たる!!」です

見たくなくても見ざるおえない楽器店ストリートです

楽譜とCDは無事ゲットしましたが、
のこぎりは入手できず

が、しかし、さすがフランスの楽器商!!
ちゃんと「のこぎり」通じましたよ
弾き真似もしてくれたし

で、そろそろお昼の3時を回ったので、
遅めのお昼ご飯をゲットしてホテルに帰ることに。。。

シシカバブーを一つ頼んだんだけど、
それに添えるパンを2つ追加するはずが、ちょっとした手違いで、
ハンバーガーが2個追加になってしまいました

パンが2つまではよかったんだけど、
その選んだパンにパテと山のようなポテトがついてきて
日本人としてはその量に目をむいちゃいます

↑パン2個ってちゃんと言ったつもりだったんだけど、
おかしいなぁ〜

で、山盛りのご飯とホテルに帰るとまだSちゃん達は
戻ってなくて・・・。結局4時半くらいに戻ってきました。

別れてからどうしてたか気にはなってたけどね、
そこはさすがSちゃん。
ルーブルは11時半までに回り終わり、
カフェや目的はちゃんと果たせたそうです

よかったよかった

もちろん、私達もあれから頑張ったよ〜

朝8時過ぎにホテル出て、ノートルダム寺院、ルーブル美術館、
ここで二手に分かれたけど、ここから私達は、
チュイルリー公園、オランジュリー美術館、コンコルド広場、
サント・シャペル、コンシェルジュリー、裁判所、マドレーヌ寺院、
サン・ラザールのローム通りでの楽器店&楽譜店めぐり、
で、3:45頃にはホテルにご飯買って戻ってたからね
まさに弾丸ツアーではないでしょうか?

準備してから5時過ぎにホテルをでて、6時から
サル・コルトーでK先生とコンチェルトのあわせもして、
終わったのが9時半頃。

コントラを楽器庫で保管してくれるっていうのでお願いして、
一人でモンパルナスタワーに行ってきました

むふふ。。。
大人の時間です

タワーの一番上は工事中で閉鎖なので、
56階のレストランのバーで、夜景を見ながら一杯

日暮れが遅いので着いたときがちょうど夕暮れのような色で、
飲んでるうちにどんどん夜景に変わっていって・・・☆彡

とっても綺麗でした

一人でちょっとドキドキでしたが、テーブルについてくれた
お兄さんがとっても優しくて、お席もエッフェルの見える一番窓際
ので、ちょっとだけチップ弾んじゃいました

ご機嫌の帰りは、子ども連れのフランス人
2家族に道を尋ねられ、一緒にフランス語で話しつつ、
メトロへ歩いたり。。。

うん。フランス語役立ってます
ただし、現在進行形しかしゃべれないけど。。。

ファミリーとはメトロ入り口で別れ、メトロを乗り継いで
無事ホテルへ♪

もちろん心配しないように同室のSちゃんには
タワーと駅からと今から帰りますメールを入れて

しっかし、夜のパリはとてもきれいでした〜☆彡
モンパルナスタワー、是非行ってみてくださいね

さぁ、明日は本番♪
気持ちよく演奏してきますね





パリのメトロに乗っていざ出発♪
ノートルダム寺院です。前はフェスティバルの準備で鉄骨組んでます。
壮大なパイプオルガン♪
ルーブルの逆三角形☆彡この横にルーブルへの入り口があります
「目には目を、歯には歯を」で有名なハムラビ法典





美しいミロのビーナス☆彡
大好きなサモトラケのニケ☆彡力強いです!!
オランジュリーのルノワール「ピアノを弾く少女たち」
サント・シャペルのステンドグラスから溢れる光の洪水・・・素晴らしいです☆彡
夜はモンパルナスタワーで夜景とカクテルを☆彡

えっ?今からセーヌ? 2011年05月22日(日) 

今日はパリを離れて、専用バスで
ポント=コンボー市へ

やっと、Sちゃんと再会し同室になって
なんかいつもの海外公演って感じがしてきました

やっぱりSちゃんがいないとちょっと物足りません

朝ごはんもバゲットが美味しくって食が進んじゃいます
こっちのオムレツもふわふわでおいしー

けど、ソースとヨーグルトだけはドイツが恋しいな
あと、野菜が少ない

でも、パンとチーズが美味しいので
予は満足じゃ〜です

しっかり食べて、専用バスで移動して、
着いたら会場のサウンドチェック♪

録音機材も入り、ラジオ・フランスの録音技師さんが
一生懸命マイク調整されてる中、本番セッティング

ゲネもいい感じに進み、本番までの間、
近くのレストランでお昼ご飯

イタリア料理だけど、ソース使いがとてもお洒落で
ついフレンチかと思っちゃう

フォアグラも肉厚?で濃厚な薫りにクラクラです
お肉もすっごくやわらかくてハーブがきいてて幸せ〜

ドレスの心配をしつつ、みんなペロリとたいらげちゃいました

最後にエスプレッソが出てきて、ああ、イタリアンだったと再認識

でも、デザートはこちらのフォンダンショコラのような
中がとろりとしたやわらかいショコラのケーキ。
でも、名前はココア・ブラウニーなんだって???

おいしいものをたくさん食べてご機嫌な舌は、
本番も絶好調でした♪

お客様もとても喜んでくださって、
終演後は現地の音大生や音楽をやってる方に
特殊管を指導するっていうのがあったんだけど、
やっぱり、珍しいコントラバスは一番人気だったようで、
次から次へと体験申し込みがきて嬉しい限りでした

ちょっとだけかじったフランス語もこういう専門用語には
うまく立ち回れず、英語と日本語を織り交ぜて言ってたら
何故か日本語で説明してるほうが伝わることにびっくり

バスのOさんに「舞歌さん、それめっちゃ日本語・・・」と
言われつつも、「45度に息吹き込むねん」と
ついに大阪弁駆使してしゃべってました。

で、褒めるときはちゃんとフランス語で

うん、いけるな。これ、通じてるわ

ということで、背の届かない小さい子も、
コントラ斜めにして私が支えて吹いてもらったり、
頭部管だけ外したりして、とにかく音を出してもらいました♪

みんな喜んでくれて嬉しかったなぁ〜

あ、一人フルートを専門で勉強してる人が
ハーモニクス対決を申し込んできて、
めっちゃ上まで出すからびっくり☆彡

初めてで何でそんなに出るの?
ってことで24日のコンサート手伝いに来てって
誘ってみたんだけどね

で、倍音対決は、私もそんな上まで出したことないし
どこが一番上かよくわかんなくてここ?とか
いろいろ出してたらどうやら、ちょっとだけ勝ってたらしく、
僕の出してるより上の音だよと褒められました

とりあえず、コントラ奏者としてのメンツは保ったぞー

結局コントラ吹きに30人くらいきたな〜
もっとかな???いっぱいいて数えれなかった

軽く一時間近くやった後、プチ打ち上げして、
会場を後に。。。

再び専用バスでパリのホテルへです

帰りのバスの中、H先生が「今晩どうするの?」と

ん?・・・今夜?

ホテルが夜着だったので全く考えてなかったんだけど、
行くとしたらI君お勧めのモンパルナスタワーかな?と話したら、
「セーヌとかどう?」と

ええっ!!今からセーヌ?

私、セーヌは昼にバトビュス使うくらいしか考えてなかった

しかも、「舞歌さんなら、いい案あるんじゃない?」と言われると。。。

ドイツ武勇伝?とパリ初日武勇伝?がお耳に入ってて
きっと今日もなんか考えてるに違いないと期待頂いたみたいだが、
ホテルに着いたのが9時前で、本番の日の夜だし、
実は何にも考えてなくって、ご飯と強いて言えばモンパルナスタワー?

こんな遅い時間のクルーズ・プラン立ててなかったから、
「ちょっと時間下さい〜」と大慌てでガイドブックめくって、
H門下のFさんとバトー・ムーシュに乗るとこまで決めて
とりあえず大急ぎでメトロへ

ガイドブックによって営業時間がバラバラの表記で
ちょっと乗れるか不安だったので急いだんだけど、
サマータイムのパリは夜の街☆彡

全然余裕で乗れました
私の怪しいフランス語を駆使してチケットを6枚ゲットして
船に乗り込み、いざ、セーヌ河クルーズ

ちょうどいい時間に乗ったので、ライトアップも美しく、
風も心地よかったんだけど、折り返したあたりから
寒いのなんのって

皆さんもクルーズされるときは必ず厚めのストールかコートか
なにかはおるものをご持参くださいね

私はストールとカーディガン持って行ってたけど
それでもほんまに寒かったです

なんせ1時間ちょい乗りますから

出発時二階席にいた観光客、クルーズとともにどんどん減って、
7割ぐらいが最後は一階に寒くて避難してました

で、夜のエッフェル塔、ルーブル、オルセー、ノートルダム、
サント・シャペルを観ながら乗ってるだけで
パリをぐるっと一周した気分を味わえる
とっても楽しいクルーズでしたが、
冷え冷え〜になったので、ホテルに帰って
まずすぐにバスタブにお湯ためましたよ

さぁ、本番も、クルーズも、無事終わったし、
明日は6時から練習だから、それまでに
ルーブルとオランジュリー行くぞー

あと、サント・シャペルと、
行けたらローム通りの楽器屋さん♪

練習前に一度ホテルに帰って音だししてからだから
遊べて4時くらいまでかな?

意外と時間ないなぁ〜

ま、メインが演奏旅行だから仕方ないですし、
本番が大事だからね

でも、ルーブルは外せない

絶対迷うらしいので、今からルート再チェックします
さぁ、明日は歩き回るぞー





やっとSちゃんと一緒に朝ごはん♪
今日のチラシとともに会場の中庭にて♪
今日のお昼はフォアグラです☆彡すごいっ!!
メインはステーキ☆彡
本番前にSちゃんと♪





子ども達と一緒に(^^♪
セーヌに向かうメトロの中で☆彡
今からセーヌ河クルーズに出発です☆彡
行く前にエッフェルを頭にのせてみましょう♪
アルマ橋に戻る頃にはすっかり夜に☆彡バトー・ムーシュ満喫です(^^♪

いざ、パリへ〜♪ 2011年05月21日(土) 

楽しかったベルリンでの二日を終え、
(↑着いた日は夜だったし、厳密には
ほぼ一日位しかいなかったけど。。。)
早朝お迎えに来た専用バスで再びテーゲル空港へ

今日はこれからパリへフライト
お昼にパリメンバーと合流して、
エコール・ノルマルで練習なのです♪

結構気に入ってたここの朝食バイキングともお別れ。。。
ふわふわのオムレツと辛い豆ソースが気に入ってたので
ちょっと寂しいです。。。

あ、ここのヨーグルトも美味しかったなぁ〜

テーゲル空港からはAF1435に乗ってパリへ。
着いたらメンバーがなかなか揃わず、
でも、ここの空港はよく荷物持って行かれちゃうので
(外から入ってこれるので盗まれちゃうことがあるのだそうです)
I君が走ってくれて・・・。

いやいや、ほんとにプロのガイド顔負けに
いろいろと頑張ってくださってて申し訳ないです

そんなI君と後ろをサポートしてくれたMさんのおかげで
10名全員が無事パリに到着。
専用バスでエコール・ノルマルまで拉致られて

時間までに着けたんだけど、お昼を食べれなかった私達。
I君が先生と交渉してくれて、近くのカフェで軽く食事

I君おすすめのクロックムッシュをほおばりつつ、
「あれは中国人か?日本人か?」という興味の視線が痛い・・・。

日本人か中国人かを見極めるのは、
服装だそうで、みすぼらしい格好をしてると
中国人と思われ狙われないんだとか?

ほんまかいな〜?です
しかもどちらにしても失礼な話よね?

ご飯の後は練習会場に案内してもらったんだけど、
ちょっと待って〜です

上はきらびやかなシャンデリアだらけだし、
インテリアが豪華絢爛で・・・

ここで練習して大丈夫なん?
と心配になったら、とどめの一言。
「重要文化財なので丁寧にお願いします」って

ひぇーーーーーーっ!!!です

だって、私、今回2.7mの巨漢フルート君が相棒なんですよ?
絶対やばいって

ほんと、粗相のないように気を使いまくりましたよ
あ〜、怖かった

パリ合流メンバーとも無事合わせが終わり、
5時からは自由行動

ほんとはホテルへのチェックインが必要だったらしいのですが、
今日だけはどうしてもBHVに行かなくっちゃで、
Sちゃんに無理をお願いして、後で合流させてもらうことに。。。

コントラを託し、身軽にさせていただいて、
地下鉄でMさんと合流して、まずは、
プランタンと、ギャラリー・ラファイエットに

百貨店にあまり興味のない舞歌さんですが、
今回大変お世話になったM顧問から
お嬢さんのお土産にと髪飾りを頼まれてて、
S先生のお砂糖で学んだことだが、
最初に頼まれたものは探しとかないと見つからないし・・・と
まずは、マルゼルブからオペラに出て、プランタンへ

ところがいくら見ても聞いても、思ってる髪飾りがなく、
ちなみに私のフランスピンも聞いたけどなくって・・・

髪飾りはあるんだけど、おばさん臭いのばっかりで、
かなりいけてないので、結局高島屋サービスデスクで
日本人の受付お姉さんに聞いたら、
モノプリの方があるかも?と教えてくださって、
プランタン裏のモノプリへ

確かにさっきよりはマシでいくつかはあったけど、
とりあえず少しは子どもらしいのもあったけど。。。

ここでも私の欲しいフランスピンはなくて、
店員さんに頑張ってフランス語でこれと同じものって
聞いてみたけど、今はこれしかないって、
似てるけどスライド式ではないものを。。。

うーーーーん、違うけど、予備に買っとくかと
とりあえず、カゴに入れて、あとエコバッグも
まとめ買いして、お兄さんに笑われて

うん。なんか習ってたフランス語、役にたってるぞーです。
F先生、私、できないながらもなんか頑張ってます

ただ、ちょっと思ってる品はないんだけどね。
パリっ子って、一体どこで買い物してるんだろう???

取り急ぎ、7時までにはBHVに行きたかったので、
ラファイエットに寄った後は、ショセ・ランタン・ラファイエットから
シャトレへメトロで移動

セーヌ河を見つつ移動して、パリ市庁舎前で市場を発見
お祭りなのかしら?
大きな人形がダンスをしてます

いっぱい面白そうなのお店がたくさん出てるけど、
横目で見つつ、目的のBHVへ

なんでそんなに急ぐかというと、
フランス人は店が閉まる15分前には閉めるモードになるから
話を聞いてもらえなくなるとガイドさんから聞いたから

今回、フランスで私が絶対にゲットしたいのは
1.プジョーののこぎり
2.フランスピン
なのです。

で、この1のプジョーののこぎりは、
私も世の中にそんなものがあるとは知らず

以前、サキタ先生が車の雑誌で取り上げてから気になってて、
せっかくパリに行くからと、ドイツでサキタ先生にお聞きして、
「BHVでプジョーののこぎり売ってるよ〜」と教えていただき、
何が何でも7時までにBHVに行って、プジョーのこをゲットするぞ!!と
鼻息も荒くパリ入りしたんですね

行く前からプジョーのこの話を聞いてたSちゃんが
行くなら今日しかないだろうからと、チェックインと
コントラを引き受けてくれてやっとここまで来れたので、
何が何でもゲットするつもりだったのですが。。。

のこぎりコーナーは教えてもらって見つけたけど、
そこにあるのはスタンレーだけ。。。

とりあえずこれも欲しかったものなので、
一番長いのを一本手にとって、レジでお会計しながら、
「プジョーのこが欲しいのですが売り場は?」と聞いてみる。。。

と、発音が悪いのか、何度言っても通じず、
結局、横から英語の達者なMさんが助け舟。。。

しかし、英語はもっとわからんらしく。。。

困ってると隣に並んでる外人さんが
「何を言いたいんだい?」と英語で。

英語⇔フランス語が堪能らしく、
Mさんが英語で説明すると
「プジョーってなんだ?」と

え?そこ?

思わずこけつつ、二人で一生懸命説明。
横のフランスのお姉さんも「プジョーってなに?」って

えーーーーー!!
プジョーはプジョーやんね?

だら、「綴りは?」って

「綴り書いて」って言われてあせる二人。。。

しまった!!
絶対通じると思ってたから、綴り覚えてないわ

で適当に書いてみるが、余計?が飛び交い、
一生懸命車のメーカーだと説明したら、
「あーーー、プジョーね」とあちらの二人。

なんだ、プジョーって言いたかったのか?

と「プジョー」を連発するが、その発音のどこが
私達と違って通じなかったのかは今だ謎です

とりあえず、フランスでプジョーの車以外の商品を探される方は
綴りをチェックしておかれることをお勧めします

いや〜、嫌な汗かきましたわ

で、にこやかに「僕の役目は終わった」とその紳士は去り、
レジのお姉さんはわかる店員呼んでくるからと走ってくれ、
来たんだけど、案内してくれたんだけど、
これじゃないんだよね〜

で、のこぎりが欲しいんだというと、このタイプののこぎりは今ない。
って言われて、プジョーののこは「C’est fini.」言われちゃいました

あきらめきれず本館も別館も全てこっそり探したけど、
先生の言ってたみたいな青と黄色の目立つのはなくって・・・

SさんやMさんにいっぱい手伝ってもらったけど、
I君にも聞いてみたけど、結局わからずであきらめることに。。。

うーーーん、残念。。。

とりあえず、今度はもっと調べてから来よう。。。

こんなに入手が難しいと思わなかった
後は別の日にサン・ラザールの楽器店を探しまくるしかないな。。。

ピンものこも手に入れれなかったけど、
類似品?はゲットできたんだからと気持ちを切り替えて、
国立近代美術館へ行くことに。

ここにはピカソや、シャガール、ダリの作品があるのです

私達は今回ミュージアム・パスをとったので、
それでパリの美術館はほぼ入れるので
可能な限りたくさん観たいし

ここは夜9時まで空いてるし〜と、足を伸ばしたんだけど
この時点で夜8時前なのに写真見てみて。
ずいぶん明るくない?
ドイツの時も思ったけど、日暮れが遅い。。。

サマータイムだから???

そういや、いっつもヨーロッパは秋から冬にかけて来るから
サマータイムは初めてかも。。。

夜のモンマルトルは危ないから行っちゃダメと
言われてたけど、実は今夜のコースにちゃっかり入れてるのですが、
到着予定は9時半頃だけど、これなら全然大丈夫そう?

とにかくまずは国立近代美術館〜と
中に入ろうとして荷物チェックがあるのに気づく。

私、のこぎり持ってるんだった
通常、フルートでも開けて中見せることが求められるんだけど、
のこぎりって大丈夫なんかな?

なにしろのこぎり付の美術鑑賞も人生初だから

入り口はこわもての黒いお兄さん。。。
体格もいいし、つまみ出されそう・・・と心配してたら
はみ出てるその袋は、カバンの中に入れなさいと言われ、
長くて入らないと(のこぎりだけに長いので)言ってみると
じゃ、いいよ〜と軽く通してくれた

いい人達だぁ〜
そう、のこぎり持ってるけど、私達はわかりあえるのよね

で、無事に中に入ったものの、美術館への行き方がわからず
くるくるまわって、地階の不思議なアトリエのぞいて、
結局外に出てしまった

出てからもう一度ガイドブック片手に復習。。。

あ、ここの5階なんだ〜
つめの甘い舞歌さんです。。。

再び、セキュリティチェックを受け、お兄さん達に
「今度はちゃんと観て来いよ〜」と笑われつつ上へ

うん。今度は間違いなく行けました
上の階でまたチェック受けて入って、
まずは最上階からのパリの展望を

エッフェル塔もアンヴァリッドもサクレ・クール寺院も
ぜーんぶ見えちゃいます

凱旋門は低くて見えないけどね

今夜はモンマルトルのムーラン・ルージュそばまで行きます。
しっかし、こっから見ると遠いなぁ〜

パリの展望を楽しんだら、いよいよ中へ

ピカソ、レジェ、ミロ、シャガール、ダリの作品を
すぐそばで観れて、写真だって撮れちゃうし、
些細なことだけど、ヨーロッパだなぁ〜って思う

日本ではこんなに自由に見せてもらえない。
なにせ借り物も多いし、万一があってはダメだから
ちょっとでも身を乗り出してみると怒られるんだもの。

でも、こっちなら、筆遣いを感じられるほど近くで
作品の世界に入り込むことができるのよね

今夜は人も少なめで、ゆっくりとまわれましたよ

出しなにSちゃんから電話。

まだホテルらしく、モンマルトル出るときに連絡してって。
まだ出ないからご飯食べてゆっくりしてからで
多分ちょうどいい時間になるってことなんで、
そのままメトロでランビュトーから
ベルヴィルで乗り換えてブランシュで下車。

降りるとすぐそこにムーラン・ルージュが☆彡
9時回ったのにこんなに明るいってどう?

ここは映画でも観てて来たかったの
ショーは遅くなっちゃうので見れないのですが、
映画にあった思い出の入り口の写真だけでも撮りたくて。。。

ま、カメラ的には、今回画素数低いので夜よりは
これくらいのがきれいに撮れるので嬉しいんですが、
パリの夜って何時?って思っちゃう

ま、危なさを全く感じず、そのまま「レ・ドゥ・ムーラン」へ

映画「アメリ」のカフェです

ずっと夜に重〜い食事が続いてたので、
今夜はサラダとビールにしてみました

一人前でこの量ですからやっぱり多いわ〜
二人でシェアしてちょうどいい感じです。

でもって、ビールはベルリンもパリもおいしい
日本では飲まないのに、こっちでは結構飲んでるなぁ

お店の中で、スタンレー出して記念撮影。。。

テーブル担当してくれたお兄さんが親切だったので、
チップをちょっとだけサービスしたらおまけをもらっちゃいました
お兄さん、ありがとう〜
アメリ好きの友達はきっと大喜びです

10時前頃かな?お店を出て、Sちゃん達との待ち合わせ場所、
シャンゼリゼ通りのマクドへ

なんでマクドなんだろう?と話しつつ、
ブランシュからシャルル・ド・ゴール・エトワールへ。
凱旋門もエッフェル塔もとてもきれいにライトアップされてます

10時を回らないと夜景はきれいじゃないんですね

ピンクのリムジンにきらびやかなお姉さん達が
群がってなんとなく日本の一昔前の六本木風???

ベタに「オーシャンゼリゼ♪」と歌いつつ二人で
マクドに向かって歩いてるとちょうどこっちに
歩いてきてた3人と無事合流。

「これからどうする?」と聞く私に
もう帰るよ〜とSちゃん。。。

そんなぁ〜

残念・・・。
ベルリンならこれからが飲みなのですが、
明日は本番もあるし、とりあえず今夜は帰ります

なんだかんだで、初日にして、プランタン、モノプリ、
ラファイエット、セーヌ沿いのお散歩、パリ市庁舎、市場、BHV、
国立近代美術館、ポンピドゥー・センター、昼のパリの展望、
ムーランルージュ、レ・ドゥ・ムーランでのサラダとビール、
夜の凱旋門、エッフェル塔、シャンゼリゼ通りと
たくさん回ったり観たりしたんですから。。。

しかも夕方の5時から10時半位までの間に

ホテルまではメトロの3番線で最終駅まで。
歩いてすぐのエバーグリーンローレルホテルです。

リゾート地の小部屋みたいなベルリンの
スカンディックベルリンポツダマープラッツよりは
もう少しさっぱりしたホテルですが、広いし
居心地いいし、お風呂のドアは透けてないし
(そうそう、ベルリンのホテルはお風呂のドアが
マジックミラーで、外から見えて中から見えないの。
これってなんか間違ってないかい???)
ちゃんとバスタブあるし、広さも十分で
設備もバッチリ、快適です

さぁ、明日はパリ郊外のポント=コンボー市で本番です♪
お風呂に入って準備して、今日遊んだ分、
明日はしっかり頑張ってきますね〜





パリ初ご飯はI君おすすめのクロックムッシュ☆彡Kちゃんのかん吉も一緒に(^^♪
こちらは今日の練習場所。。。この建物全部重要文化財だってっっっ!!
セーヌのそばで市場を発見☆彡
BHVに行ったのですが・・・プジョーのこは「C’est fini」と言われた(ToT)/~~~
国立近代美術館のあるポンピドゥー・センターの外観はインパクトたっぷり☆彡





6階のテラスからはモンマルトルのサクレ・クール寺院も見えます(^^♪今夜はあの近くまで行く予定。。。
で、来ました。ムーランルージュ☆彡本物です(^^♪
アメリのカフェ「レ・ドゥ・ムーラン」で晩御飯♪
プジョーはなかったけどスタンレーののこゲットしました。仏で米だけど・・・。
夜の凱旋門とエッフェル塔☆彡
Copyright (C) 2002 ATOnline. All Rights Reserved