齊藤舞歌のフルート日記♪
舞歌のフルート日記へようこそ

タニシさんは含むべき??? 2013年08月10日(土) 

発表会を終え、Yさんがメールで
衝撃告白してきた

「先生、しばらくフルート休んで
のこぎりやりたいんですけど〜」と

えーーーーーーー!!
である

今フルートと初級サックスを
教えさせていただいてるのですが
これでフルート休みで
サックスとのこぎり教えたら
どこ行くんだろう・・・私とYさん

先生、クラリネット教えて〜とか
無茶振りする生徒さんが多いんだけど、
ほんと怪しい音楽教室やわ〜

先生はなんでも教えれる訳ではないのよ?

うちの発表会で、のこぎりチームが
あまりに楽しそうだったからだって

まー、ね、馬かぶってドレス着た
おじさん達が演奏してたら
かなり面白そうと思うだろうけど
・・・それでいいのか?Yさんよ

そんな訳でのこぎりも
本日より並行となりました♪

ところでみんなに質問

メダカは飼ってるけど、
いつのまにか勝手に住み着いて
増えてるタニシさんは
ペットに含むのでしょうか???

出て行ってもらうとこもないので
住んでいただいてますが
結構増えたなぁ〜

誰かタニシさん、いる???





以前ご一緒した笛仲間さんにもらった鳥さん(^^♪
そして今日のドードーちゃん。羽根を広げて日向ぼっこ中
そして愛鳥「紫音」です(^^♪
金ちゃん、魚ちゃん、白ちゃんトリオ☆彡
メダカちゃん達♪

鳩ってこんな感じだったっけ? 2013年08月09日(金) 

私、小学校の時にも鳩の雛を
保護したことがあったんですね。

この時は多分まだどれが保護対象か
全然わからなかったし、周りの大人たちもスズメや鳩の雛を拾ったら
人間が育てて飛べるようになったら
返してやるって時代だったから、
ムクドリ、ヒヨドリを拾って育ててるとか
ツバメを拾って育ててるとか
周りにたくさんいた。

私も自然に鳩の雛を
家に小鳥がいたこともあって
自然に育てて飛べるようになったら
元いたとこへ放していたんだけど、
今から思えば飛べるからといって
野生に戻れたかはわからないのよね。

だから今でもスズメの雛を育てて
放せないままそのまま飼ってる人たちを
何人も知ってる。

土鳩はギリOKでもスズメは
完全にアウトなんだけど、
あんなに慣れてしまってる鳥を
自然に帰すのは、
飢えたライオンの群れに
子羊を放り込むようなもので
よほどの強運がない限り
生き延びられない。

今回私がこの子を助けたことも
結構な賛否両論で・・・。
それもあるからこの子が
無事野生に戻れるまで
日記は書いても
アップしないでおこうと心に決めた。

いろいろ言うのは簡単だけど、
実際死ぬかもしれない命を
まだ生きる力が備わってない時点で
放り出せるか?と問われると
私自身はできない。

なんといわれても、この状態は・・・。
最低でも飛べないと。。。
一人餌はだいぶ上手になったし
人間が教えなくても
鳥はなぜか飛べるようにはなる。

毎回すごいなぁって思うけど
何羽育てても飛べなかった鳥はいない。

ただ、何が危険でどう飛ぶべきかは
やはり本当は親が実際一緒に飛んでみて
食べるもの、水を飲む場所、
危険なところ、安全なねぐらを
教えてあげるのだ。

私が飛べないのだから
どうやったらこの部分が補えるだろうか?
昔は山ほどいた土鳩達も
近年めっきり数が減った。

年中子育てしてる鳩ですら
そうなのだから、自然で生きるのは
きっと難しくなってるんだろうな・・・と思う。

それでも、あのまま置いておくより
きっと仲間に再会できる確立は
高くなったと信じている。

大切な預かっている命を
仲間のところへ戻してあげる
その難しさを最近かみ締めるようになった。

外をなるべく見させてあげてくださいと
言われ、ケースに入れて
いろいろ見せて歩いてると、
いろんな人が声をかけてくる。

大抵は私の持ってるこの子が
なんなのかを知りたいのだ。

どこにでもいる普通の鳩の雛なんだけど
「鳩」と聞いて喜ぶ人と
しかめ面をする人にはっきり分かれる。

鳩=糞害 という人もいれば、
「鳩は空とぶネズミなんでしょ」とも言われた。

どう感じるかはその人その人によって
違うんだけど、私にしたら、
自由に生きる彼らの方が
よっぽど美しく気高い生き物だと思う。

黴菌だらけなのは
人間の方じゃないんだろうか?

それを大きくなったら放すの?と
嫌そうに言うおばさんにも出会った。

ドードーちゃんをこれから迎える世界は
とても厳しいんだなって実感した。

昔はもっといい時代があったのに・・・
そう思うのは私が古くなったからだろうか?

鳥も人間も生きにくい時代が
やってきたものだ

それにしてもドードーちゃん
どこか鳩らしくない。
いろんな意味で鳩しらくないが
時々、わらちゃんに似てると思うことがある。

ひょっとしたら本当にわらちゃんの
生まれ変わりなのかもしれない・・・と。

昔、鳩は神様の使いだった。

そんなこともあるのかもしれないな〜と
思う今日この頃なのでした





私のカーネーションがまだ元気に咲いてます
今日のドードーちゃん(柵の中です)
今夜のお刺身☆彡
野菜炒め好き〜(^^♪
デザート☆彡

母のフリ見て・・・? 2013年08月08日(木) 

大体165グラムのドードーちゃん。

最近私の真似をして人間用の
体重計に乗るようになりました

いや〜、いつ見てたのか
表示画面をじっと見たりして
不思議そうな顔したりして・・・

あなたの体重と大きさでは
これで計るのは無理だと思うよ〜?
と話しかけつつ、可愛くてたまらず
ニヤニヤする私。。。

そしてまたムッとしてる紫音・・・
あ、やばい!!

また後でご機嫌とろう〜♪

いちおドーちゃんは野生に返す予定なので
紫音と一緒に放鳥はしてないんです。

だから余計に気になって
耳をそばだてる紫音・・・。

どの子も本当に可愛くてたまりません





いつもこれで計ってるドードーちゃん
お母さんの体重計で計るんだーと乗ってきました(^^ゞ
じーっとポーズとってます
あれ?表示出ないな〜?
んー、頑張ってもあなたの大きさでそれは無理だと思うよ〜(^^ゞ

ただ今160グラム♪ 2013年08月07日(水) 

一人餌を始めたドードーちゃん♪

現在160グラムです。

よく歩くようになったので
脚が気になります。

保護した時に髪の毛が絡まってて
切れそうになってたあの足です

腫れは薬でひいたけど
足はやっぱり寄ってるなぁ・・・

鳥を傷つけるものは釣り糸だけじゃないだね

私もドーちゃんと接する時は
髪をくくってます。

ドーちゃんを放鳥する時は
髪一本落ちてないようにして・・・。

糸くず一つでもやわらかい
雛の足には危険なもの。

よしっ!今日もゴミなーしっ!!
ドーちゃん出でいいよ





ドーちゃんの脚、やっぱりちょっと寄ってます(:_;)
こうして歩く時にわかるけど左足が痛々しい(:_;)
ドーちゃんを拾ったとこにやっと苗が植えられました
この一番右手前にいたんです。隣は道路で植え込み横に白バイ停まってます
足は大変だけど腫れもひいたし、ドーちゃん、頑張って戻ろうね!!

う〜なぎパン☆彡 2013年08月06日(火) 

155グラムのうちの子は
一人餌を始めるようになりました

着々と成長してるんですね〜

今日はのこぎりもあったので
帰りにコンビニに寄ったら
な、なんと!う〜なぎパンがある

面白いのでゲットしてみました

サブウェイダイエット中なんですけどね

ま、経過も順調なので
今日はご褒美ってことで





鳥好きさんからもらった鳥グッズ(^^♪手帳開けるの楽しみになりました!
う〜なぎチョコパンみつけちゃった☆彡
んーーー、見つめられたら食べれない(>_<")
最近サブウェイ・ダイエット中♪
成果は・・・順調じゃない(^o^)/

紫音が一番☆彡 2013年08月05日(月) 

140グラムの暴れん坊に
母を取られ不機嫌な紫音ちゃん

今日は一生懸命説明してみました。

ドーちゃんはね、まだ赤ちゃんだから
仕方ないの。

でもお母さんが世界で一番大好きなのは
紫音ちゃんだからね〜

仲直りのチュー

・・・って、紫音、なんでのけぞってるの???





紫音が一番〜(^^♪ ・・・ん?なんでのけぞってるの?
Iさんと風立ちぬ二回目観てきました♪
Kのお誕生祝いの昨日みんなで美味しく頂きました
ありがとうございました(^^♪
鳥さんの石鹸もらっちゃった(^^♪可愛くて使えない〜(>_<")

ご飯粒ついてる〜(^^ゞ 2013年08月04日(日) 

135グラムの乳飲み子が寝た後、
母はTママとご飯に行ってきました

ルネサンスのあわせ、
ドイツあわせを終え
もー、クタクタなので
美味しいものたくさん食べて
元気出すのだー

しかし、ドーちゃん可愛いわ〜





Tママとご飯食べに行きました♪
ニラレバ〜♪
お刺身で一杯♪って私はウーロンやけど(^^ゞ
ナスは二人の大好物(^^♪
日向ぼっこ中のドーちゃん♪ご飯粒ついてるでー(^^ゞ

鳥肌ダメな方、ご遠慮下さい(^^ゞ 2013年08月03日(土) 

ただ今約130グラムの我が家の
暴れん坊ドードー様は
本日クーラー工事が終わったばかりの
我が家を我が物顔で走り回ってます

体重を毎日チェックするのですが
一筋縄では計らせてもらえません

パタパタ羽ばたきの練習したり、
ご飯頂戴と鳩パンチしてきたり・・・

鳩のお母さんって偉いなぁ・・・

でも、こんなに可愛かったら
頑張っちゃうよね

鳩さん達は超子煩悩で
兄弟同士も仲良しなんだそうです。

兄弟や親と離れてしまって
一人の分だけ私が愛情こめてあげたい。
でも、自然に帰さなきゃだから
適度な距離を保たなくっちゃ・・・

む、難しい・・・

なんて可愛いんだ〜





ドーちゃんを拾った植え込み。この青いネット側の角でうずくまってました
ドーちゃんだいぶ大きくなってきました(^^♪
今これ位のサイズです(^^♪
体重は毎回計るのが一苦労。。。雛はじっとしないので針がブレます
んー?130グラム位かな?





正面からメモリ撮ってみようと思うのですが羽ばたき練習してはります(:_;)
まだまだおハゲがいっぱいあります(^^ゞ
ほらね・・・(^^ゞ
あ、やっとジッとした(^^ゞ
そして鳩パンチは両手になりました(^^ゞ

ムシクイって知ってる? 2013年08月02日(金) 

うちのシーリングライト新しくなったんだけどどうも跡が気になるわ〜

今日はパテでも買いに行こうかしら?と
考えながら歩いてると怪しい影が・・・。

普通鳥さんは嘴を上向きに
尻尾を下向きにしたシルエットなのに
道路にその逆の形で固まってる
鳥さんを発見

これまたドードーちゃんを見つけたとこの
すぐそばの道路で同じ金曜日の朝五時半

尋常じゃない状態なので
とりあえず道路のど真ん中から撤去。

雛ではないしバリバリの野鳥ですね。

でもこの感じだと危ないかもしれない。

逃げようともしないのは落鳥寸前か
もしかして・・・脳震盪?

とりあえず獣医さんに説明できるように
状況を写真に撮って箱に入れて様子をみる。

息はしてるけど浅いなぁ・・・。

とりあえず水を一滴嘴の横につけてみる。
なんとかなめとって
ゴクンと飲み込んでくれた!

(あ、保護した際このサイズの鳥さんに
与える水の量間違えると気道確保できず
水で窒息させることがありますから
もし拾ってしまうようなことがあれば
必ず獣医さんに連れて行って下さいね。)
そこで出先だったのでお砂糖買ってきて
薄い砂糖水を作ってなめさせて
しばらく様子をみたところ・・・

二時間後、こんなに元気になりました。

箱の中で羽ばたこうとしてるので
元いたとこに連れて行くことに

で、拾ったとこを見せて落ち着いたとこで
反対側の植え込みを見せて
車が来るからこっちに飛ぶんだよって
言って願うように手をゆっくり開くと
そりゃーもう、わかってます
と言わんばかりに植え込みに
綺麗なラインを描いて飛んでいきました

美しいなぁ〜
やっぱり野鳥は空を自由に飛んでてこそ
美しく魅力的ですね

皆様ももし拾うこと、
保護することがあっても、
必ず戻れることを第一に
考えてあげて下さいね。

鳥かごの中は野鳥には狭すぎます。
自由を奪われることほど
誰にとっても辛いことはないですから

あと野鳥を飼うことは違法です。
保護したら必ず連絡を
保護センターへ入れないとダメですよ。

さて、どーちゃんを寝かしつけて
私は今からコンクールあわせ♪

あ!今回保護したこの緑色の小鳥
なんていう鳥かわかりますか?

「ムシクイ」というそうですよ
その名の通り虫を食べるからって

まんまやんね〜

こんな可愛い顔してるんだから
もっと可愛い名前つけようよ

ちなみに日本各地に分布してますから
皆さんの町でも会えるかもね





あ!UFO!!
ではなくシーリングライトです(^^♪
でも前の後が残ったまま・・・パテで塞ぐとか・・・ね(:_;)
朝、道に鳥さんが倒れてました
ジーットして全く動きません





息はしてるのでとりあえず車にひかれないように保護
メジロ系とみて、薄めの砂糖水を作って飲ませてみることに
そして二時間後、元気でしょ。目もシャキっとしてます
ここが落ちてたとこなので
その横の茂みに放してあげることにしました

鳩好き様のみご入場下さい♪ 2013年08月01日(木) 

お仕事で某展示会会場へ行ってました♪

山椒好きの私に大サービス
一瓶もらってご機嫌です

さて、今日のドードーちゃん、
もひゃひげ健在で可愛い

うとうとドードーちゃん、
鳩パンチドードーちゃん、
チューチュードードーちゃん
ぜーーーーんぶ大好き

可愛くてたまりません

早く大きくなって元気に戻って欲しい反面、
今限定の可愛さを惜しむ私。。。

雛の成長は早いから
写真撮っておこう♪





山椒好きなので興味津々(^^♪
もひゃ毛も可愛い(^^♪
ご飯の後はおネムです
ほらほら・・・(^^♪
ちょっとー!!と首をかしげるドードーちゃん





でも・・・再び・・・(^^♪
だいぶ大きくなってきました
指が大好きで見るとダッシュしてきます。で、鳩パンチ!!
指の間に顔をうずめてチューチュー吸います(^^♪
鳩パンチはフラッシュつきでないと撮れない素早さでパンパンします(^^♪
Copyright (C) 2002 ATOnline. All Rights Reserved