齊藤舞歌 ♪プロフィール♪




17歳よりフルートを待永望氏に師事。
大阪音楽大学音楽学部器楽科(フルート専攻)へ推薦入学。
大阪音楽大学音楽学部器楽学科(フルート専攻)卒業。
大阪音楽大学大学院音楽研究科管弦打研究室(フルート専攻)修了。
大阪音楽大学教育助手として6年間に渡り勤務し、後進の指導にあたる。
現在、大阪音楽大学演奏員。

在学中より、フランス音楽コンクール入選、
国際芸術連盟コンクール第三位、和歌山音楽コンクール第二位、
日本クラシック音楽コンクール全国大会において入賞を重ね、
リトルカメリアコンクール奨励賞、市民審査賞等多数受賞。

アンサンブルにおいても、イングス大賞受賞、管楽器コンクール金賞、
アジアクラシック音楽コンクール新人賞、長江杯国際音楽コンクール第1位入賞、
日本フルートコンベンションコンクール金賞受賞。
京都芸術祭毎日新聞社賞受賞。京都芸術祭コミュニティ賞受賞。
第10回びわ湖国際フルートコンクール入選。

在学中より、日本演奏家協会推薦コンサート、クラシック音楽振興会推薦コンサート、
幸楽会推薦演奏会(いずみホールにおいてオーケストラと共演)、
第41回朝日推薦演奏会(ザ・シンフォニーホール)等多数出演。

大阪府芸術劇場奨励新人賞を受賞し、4回に渡るソロリサイタルを開催。
関西フルートオーケストラ、オペラハウス管弦楽団等と共演。

ソロ、オーケストラ、アンサンブル等で北は北海道から南は沖縄まで。
国外においても、韓国、ドイツ、オーストリア、イタリア、アメリカ、
フランス等でも演奏を重ねる。

W.ベネット、C.ベンソン両氏のマスタークラス修了。修了演奏会に出演。
P.Y.アルトー、J.ベーカー、三村園子、小出信也、西田直孝、A.マリオン、
C.ラルデ、P.マイゼン各氏の公開レッスン受講。
待永望、曾根亮一、金昌国、P.マイゼン各氏に師事。

現在、大阪音楽大学演奏員のほか、あうろすフルートあんさんぶる団員、
関西フルートオーケストラコンサートマスター、フルートアンサンブルパ ステル
リーダー、アンサンブル シャルム、やまてプリズムアンサンブル等多数所属。
この他、オーケストラのフルート奏者として、また、吹奏楽やオーケストラ、
室内合奏団の管楽器トレーナーとして指導を重ねる。

97年より、より重厚な音色を目指し、ピッコロ、アルトフルート、バスフルート、
コントラバスフルート等の特殊管を加えたフルートアンサンブル パステル+αを展開。

また、クリスタルフルート、電子ピアノ、打楽器、映像、朗読を組み合わせた
フルートアンサンブルソレイユを結成。
学校公演や依頼演奏等、関西を中心とした活発な活動を続けている。

2005年、管の抜き差しができないため不可能といわれた
世界で初めてのクリスタルフルートオーケストラ
「日本クリスタルフルートオーケストラ」を設立。
同オーケストラの代表を務める。
定期演奏会ほか、ランチタイムコンサート、たそがれコンサート、
関西を中心とした依頼演奏会等に出演している。

古楽においては、フラウト・トラヴェルソを大学院在学中、北山(藤田)隆氏に手ほどを受け、
2010年より、フラウト・トラヴェルソ、ルネサンスフルートを前田りり子氏に師事。
2010年春、関西初のルネサンスフルートコンソート“ソメイエ”を結成。
2010年、2011年とコンサートを開催する。

2009年秋より、ミュージカルソー(のこぎり演奏)をサキタハヂメ氏に師事。
ミュージカルソーを始めて10ヶ月目の2010年8月、アメリカ・サンタクルズにて
開催されたミュージカルソー世界大会において、準優勝及び特別賞のW受賞する。

2010年より、のこぎり音楽祭、ランチタイムコンサート、トワイライト・ガラ・コンサート、
飛び出せローズWAMコンサート、春のランチタイムコンサート、ファミリーコンサート等に
ミュージカルソー奏者として出演。
関西の幼稚園、小・中学校、施設等へミュージカルソー奏者として招かれる。

2011年5月、日本テレビ系の番組「ピーチ流!」の「この人だぁれ?」のコーナーに
ミュージカルソー奏者として出演。以降、各地のテレビに出演を重ねる。

2011年12月、サキタハヂメ氏率いる関西のこぎりオーケストラ団員として
大阪中央公会堂において開催された「70人ののこぎり第九演奏会」に出演。

日本フルート協会会員。高島フルート協会理事。茨木市音楽芸術協会理事。
国際ミュージカルソー協会会員。